FC2ブログ
topimage

「音絵巻公演延期」と「うたまくら茶論コンサート開催」のお知らせ - 2020.03.30 Mon

スタッフの松田です。
世の中では、新型コロナウイルスが収まることなく感染が拡大している状況で、各地で外出自粛の要請が出ています。
歌枕は、新作 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャ—」公演の準備を進めて参りましたが、この状況の中、京都無名舎・さかい利晶の杜ともに休館や再開日の見込み不確定となり、今年の秋に延期をすることにいたしました。新しい日程が決まり次第、改めてご案内させていただきます。少し先になりますが、秋の好季節の公演です。また周辺の秋の見所なども、ご紹介して行きたいと思います。

さて、歌枕の春の活動ですが、本拠地・うたまくら茶論コンサートは、少人数制でのコンサートで、休まずに開催しています。

20190805185248c3e.jpeg


今年の「=会員制=茶論やまとうたコンサート」では、1年をかけて『万葉集の成り立ちを紐解く』をテーマに新作をお届けしています。

4月は、5日(日)11時〜14時半の開催です。4月の新作は、「天智天皇」「天武天皇」に続き、天智天皇の子息である「志貴皇子」のお話です。脚本の菅沼先生の視点で描かれる「志貴皇子」を、ご期待ください。そして、会員様のご紹介や歌枕が選ぶ「今月のやまとうた」〜歌枕のその曲への思いのお話、またやまとうたでの乾杯と、茶論ならではのコンサートとなります。

2IMG_0093.jpg


また、コンサート後は、歌枕お手製料理でのお食事会。毎旬の食材を使った歌枕メニューは、「彩り豊かな盛りつけで、見て美味しく食べて美味しいです。」と、大変好評をいただいております。また、10代〜80代と世代を越えた会員様が、歌枕の音楽を通して集まって下さり、その中で“やまとうた”“歴史”“人生”についてなど、それぞれの視点でお話しくださり、大変楽しく濃厚な時間となっています。お一人でも気軽にご参加いただけます。
お申し込みは、うたまくらまで(06-6317-3873)


■スタッフブログでは、今までの様子をご紹介しています。

2020年3月「=会員制=茶論やまとうたコンサート」レポート

2020年2月「=会員制=茶論やまとうたコンサート」レポート

2020年1月「=会員制=茶論やまとうたコンサート」レポート


■うたまくら茶論コンサートスケジュールは...
うたまくらHP うたまくら茶論コンサートより





歌枕直美プロデュース「アンディームジークコンサートvol.6」レポート - 2020.03.23 Mon

スタッフの松田です。
うたまくら茶論では、歌枕のプロデュースコンサートを様々企画しており、先週3月20日(金・祝)に、歌枕直美音楽教室の生徒様出演のコンサートである「アンディームジークコンサートvol.6」を開催しました。6回目の今回は、歌枕の“やまとうた”を、いろんな会で歌い広めてくださっている、伊藤紘一郎さんと竜門陽子さんの出演、第2部では、竜門陽子さんが会長を務めてくださっている“歌枕直美やまとうたを歌う会”の有志の皆様もご出演くださり、3時間に亘るコンサートとなりました。

0IMG_2639.jpg


オープニングは歌枕の演出で、音楽に感謝する思いを込めて、今回の最長老85歳の薮岡美佐江さんの「楽に寄す〜アンディームジーク」の演奏ではじまりました。

1IMG_2410.jpg


そして、第1部は、伊藤さんと竜門さんによる“世界の名曲”で、オペラアリアからミュージカルなどを演奏されました。

2IMG_2461.jpg 3IMG_2473 のコピー


第2部は、10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代とすべての年代の“歌枕直美やまとうたを歌う会”の皆様がご参加くださっての“やまとうた”で、やまとうたの名曲15曲を個性的に歌い上げてくださり、終曲は、今回最年少でこの日中学の卒業式を迎えられた吉仲花凛さんの「この御酒は」で締めくくられました。

4IMG_2617.jpg


このコンサートでは、歌枕の指導のもと、演奏するだけでなく、各曲の説明やその曲への思いをお話いただきます。そのお話にも個性があふれ、とても楽しく、また自分では思わなかった視点でのお話も伺え、世代を越えて共感し合えるとても貴重な時間を過ごすことができました。

5IMG_2649.jpg 6IMG_2650.jpg 7IMG_2653.jpg

8IMG_2654.jpg


コンサート後の、歌枕オリジナルディナーは、春メニューを美味しくいただきながら、音楽と映画のお話が尽きず大変盛り上がり、また、3種のデザートも世代を越えて大満足。充実した、春の1日となりました。

<春の新作公演>
歌枕直美 歌と語りの一人舞台
音絵巻「うつそみの人 — 細川ガラシャ - 」
      〜魂の故郷を求めて〜

2020春公演チラシ表画像 2020春公演チラシ画像
(画像をクリックすると拡大されます。)

◆京都公演…京都生活工芸館 無名舎
日時:4月18日(土)19日(日)20日(月)3日間共 開演14:00(開場13:30)
◆堺公演…さかい利晶の杜 2F講座室
日時:4月25日(土)開演15:00(開場14:30)、 26日(日)開演13:00(開場12:30)
*お申し込みは、うたまくら(06-6317-3873)まで



歌枕直美 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャー」京都公演 周辺のご案内vol.2 - 2020.03.16 Mon

スタッフの松田です。
3月も中旬を過ぎ、世の中はまだまだコロナウィルスの影響で先が見えてこない状況ですが、歌枕は「寒い冬の後には必ず春になり桜が咲く様に、今の状況にも必ず終わりが来る」と信じて、春公演の準備に励んでおります。先週末には、衣装や映像を合わせて、本番さながらのリハーサルを行いました。時代性と主人公・細川ガラシャという人物像が、立ち上がって来る様な作品に仕上がっていました。

さて今日は、歌枕直美 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャー」京都公演会場である無名舎周辺にある、歌枕おすすめのお店をご紹介いたします。


前田珈琲室町本店

建物はもと呉服屋さんで、1981年に前田珈琲の本店として開店。落ち着いた古典的な店内の歴史深い老舗の珈琲店です。ドイツ・プロバット社の直火式焙煎機を設置した焙煎室もあり、世界各国から仕入れたこだわりの珈琲が頂けます。歌枕無名舎へお伺いする時には、その前後で立ち寄っています。

IMG_2318.jpg IMG_2317.jpg


     営業時間:7:00~19:00(LO18:30) /
     電話番号:075-255-2588
     住所:〒604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入る橋弁慶町236
     電話番号:075-255-2588
     営業時間:7:00〜19:00(LO.18:30) /無休
     HP:https://www.maedacoffee.com/shopinfo/honten/


*イタリアン「トラットリア ラ・ヴォーチェ」
Trattoria La Voce


上品でありながら、肩肘はらずに本格的なイタリアンを楽しめるお店で、イタリアローマで修業を積んだオーナーが手がけるお料理は、使用する素材にとことんこだわられています。すこし細い道を入った所にありますが、歌枕ならではの嗅覚で見つけたおすすめ店で、ガラシャ公演のチラシも貼って紹介して下さっています。とても人気のお店ですので、行かれる場合は、先に電話予約をおすすめいたします。

IMG_2320.jpg IMG_2319.jpg


     住所:京都京都市中京区室町新町の間四条上ル観音堂町456 シティキャスル四条  1F
     電話:050-5869-2091(電話予約は10時〜23時受付)
     営業時間:ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:00) ディナー 17:30~23:00 (L.O.21:30)
     HP: https://www.lavoce-kyoto.com/trattoria/


どちらのお店も、「烏丸駅」より、無名舎までの間にあります。京都のゆったりとした時の流れを感じながら、ちょっと一息で美味しい珈琲、またはランチ・ディナーをいかがでしょうか。コンサートともに、春の京都をお楽しみください。

無名舎周辺地図2
(画像をクリックすると拡大されます。)




<春の新作公演>
歌枕直美 歌と語りの一人舞台
音絵巻「うつそみの人 — 細川ガラシャ - 」
      〜魂の故郷を求めて〜

2020春公演チラシ表画像 2020春公演チラシ画像
(画像をクリックすると拡大されます。)

◆京都公演…京都生活工芸館 無名舎
日時:4月18日(土)19日(日)20日(月)3日間共 開演14:00(開場13:30)
公演…さかい利晶の杜 2F講座室
日時:4月25日(土)開演15:00(開場14:30)、 26日(日)開演13:00(開場12:30)
*お申し込みは、うたまくら(06-6317-3873)まで



歌枕直美 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャ」京都公演 周辺のご案内vol.1 - 2020.03.09 Mon

スタッフの松田です。
いよいよ歌枕直美 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャ」公演は、40日後に迫ってまいりました。今、世の中ではコロナウィルスの影響で様々な文化活動が自粛されていますが、これからよい方向に進み春が迎えられるように願い、歌枕は春の公演にむけて準備を重ねています
さて、今日は、京都公演の会場である無名舎周辺にあるガラシャゆかりの地をご紹介いたします。

1IMG_1817.jpg 2IMG_1816.jpg


今回の作品の主人公・細川ガラシャが生きていた時代、無名舎の近く蛸薬師通にイエズス会によって建てられた「南蛮寺」があり、京都におけるキリスト教のと南蛮文化の中心となっていました。そこでガラシャの一周忌を記念する礼拝がおこなわれたと言われています。

3IMG_1815.jpg 4IMG_1814.jpg


実は、細川ガラシャ・珠の父である明智光秀に織田信長が襲撃され非業の最期を遂げた場所「本能寺」も、無名舎近くにあります。本能寺の変の際に全焼した本能寺はすぐに再建されましたが、現在、寺町にある本能寺は豊臣秀吉によって場所が移されいます。歴史的大事件「本能寺の変」の起こった場所には、今は石碑のみが残されています。

無名舎周辺地図
(画像をクリックすると拡大されます。)


どちらの跡地も無名舎を挟み歩いて4〜5分のところです。ぜひ公演の前後で、ガラシャの時代に思いをはせての歴史散策はいかがでしょうか。


<春の新作公演>
歌枕直美 歌と語りの一人舞台
音絵巻「うつそみの人 — 細川ガラシャ - 」
      〜魂の故郷を求めて〜

2020春公演チラシ表画像 2020春公演チラシ画像
(画像をクリックすると拡大されます。)

京都公演…京都生活工芸館 無名舎
日時:4月18日(土)19日(日)20日(月)3日間共 開演14:00(開場13:30)
◆堺公演…さかい利晶の杜 2F講座室
日時:4月25日(土)開演15:00(開場14:30)、 26日(日)開演13:00(開場12:30)
*お申し込みは、うたまくら(06-6317-3873)まで



3月1日「茶論やまとうたコンサート」レポート - 2020.03.02 Mon

スタッフの松田です。
春の訪れの風物詩でもある奈良東大寺ではお水取りがはじました。
歌枕念願がかない、昨年、友の会会報誌“うたまくら草子”対談に2度にわたりご登場いただきました東大寺 長老であられる北河原公敬師が「やまとうたコンサート」にご参加くださいました。歌枕直美友の会の上島名誉会長はじめ、重鎮の皆様も大変楽しみにお集まりくださいました。歌枕より、北河原師にご質問をさせていただき、東大寺220代の別当をお務めになられたことや、今年1269回目となる「お水取り(修二会)」についてなど、壮大な歴史のお話をお伺いしました。

1IMG_1976.jpg


さて、今年は「万葉集の成り立ちを紐解く」をテーマに行っており、3月の新作は「天武天皇−壬申の乱と大伴氏−」で、激動の歴史である壬申の乱と万葉集を編纂をした大伴家持の大伴家の功績を歌枕が歌い語りました。はじめてのお客様より「歌枕さんの迫力ある演奏で、まるでその情景が映像が見えてくるようでした。」とご感想をいただきました。
また歌枕より「今日のテーマは『縁(えにし)』です。北河原さんとの出会いは、35年前にはじまり、またお集りくださっている皆様とも本当に縁を感じます。」とお話しし、「風月同天」を演奏。そしてコンサートの締めくくりは、赤人と共に「梅と宴」を演奏し乾杯!宴のスタートとなりました。

2IMG_1991.jpg


3月の歌枕のオリジナル料理〜春メニューは、貝の器でおひな様をイメージするような“春のオードブル3種”“鯛サラダ”“ホタルイカと菜の花のパスタ”“グラーシュスープ”“歌枕スイートポテト”と旬の食材も使われたお料理が、春の彩りに美しく盛りつけられて登場。「どれも美味しく、器も彩りも素敵ですね。」と好評でした。

3IMG_2013.jpg 4IMG_2016.jpg 5IMG_2017.jpg


北河原師よりも、「お送り頂くうたまくら草子などで、茶論でのコンサートについて拝見していましたが、実際にはどのような感じかわからなかったですが、今日参加させていただき、充実した時間で、また素晴らし皆様が歌枕さんを支援されており、本当に幸せなことだと思います。」と、お話しくださいました。
春のスタートに、ふさわしい貴重な時間となりました。皆様、ありがとうございました。
最後に、貴重な「縁(えにし)」に感謝し記念写真を撮らせていただきました。

6IMG_1994.jpg



<春の新作公演>
歌枕直美 歌と語りの一人舞台
音絵巻「うつそみの人 — 細川ガラシャ - 」
      〜魂の故郷を求めて〜

2020春公演チラシ表画像 2020春公演チラシ画像
(画像をクリックすると拡大されます。)

◆京都公演…京都生活工芸館 無名舎
日時:4月18日(土)19日(日)20日(月)3日間共 開演14:00(開場13:30)
◆堺公演…さかい利晶の杜 2F講座室
日時:4月25日(土)開演15:00(開場14:30)、 26日(日)開演13:00(開場12:30)
*お申し込みは、うたまくら(06-6317-3873)まで




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (70)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (38)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (1)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示