FC2ブログ
topimage

11月25日「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」公演紹介 - 2018.11.12 Mon

スタッフの松田です。
11月25日堺能楽会館に於ける「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」公演まで、あと2週間となりました。歌枕の公演準備はリハーサルなど着々と進んでおります。

やまとうた11月公演チラシ_ページ_1 やまとうた11月公演チラシ_ページ_2
(チラシ画像をクリックすると拡大されます)


今日は、公演の第一部「仁徳天皇」物語を少しご紹介します。
難波の宮にいらっしゃった仁徳天皇。その当時はオオサザキと呼ばれていました。オオサザキは、後々 聖の天皇と言われた方で、人家のカマドから炊煙が立ち上がっていないことに気づいて民には租税を免除し、その間は自ら倹約をし宮殿の屋根の葺き替えさえしなかったという逸話が残っています。
またオオサザキをはじめとし、イザホワケ、ミヅハワケなど、天皇の名前に鳥の名がついています。その他、嫉妬深い皇后・磐之媛のお話、「カラノの舟」の出てくる木の魂のお話を、日本の民話や神話などを交えてご紹介します。そしてオオサザキ(仁徳天皇)が亡くなっての息子たちによる後継者争いにより、イザホワケ(履中天皇)は現在も残る地名をたどりながら難波宮から石上神宮へと逃避行し、都が難波から大和へ移って行きます。そしてオオサザキ(仁徳天皇16代)、イザホワケ(履中天皇17代)、ミヅハワケ(反正天皇18代)へとつながっていく壮大な歴史物語を、歌枕が歌い語ります。

mozu1.jpg


また公演を行う堺市には、「百舌鳥古墳群」と呼ばれる日本を代表する古墳群があり、現在、世界最大の墳墓である仁徳天皇陵古墳をはじめとする44基が残っています。仁徳天皇の御陵と並んで息子である履中天皇陵古墳もあります。ぜひ歴史の深い堺での歌枕直美「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」にお越しください。

■公演情報................................................................................................

歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜

日時…11月25日(日)開演:14:00 開場:13:30
会場…堺能楽会館(大阪府堺市堺区大浜北町3−4−7−100)
*詳しい情報・お申し込みは…うたまくらHPコンサート情報




11月4日「茶論やまとうたコンサート」レポート - 2018.11.05 Mon

スタッフの松田です。

昨日11月4日うたまくら茶論「やまとうたコンサート」=歌枕直美友の会会員制=を開催。歌枕は今月の物語に合わせた女王の風格のする秋色のドレスで登場しました。

1IMG_1679.jpg


今月は『メドリとハヤブサワケ』を上演。物語は、オオサザキ(仁徳天皇)は、女鳥王の治める国を征服しようと軍勢を送り戦いとなり、女鳥王の軍は途中で部下の裏切り遭い追ってに道を阻まれます。そんな絶望的な状況の中、手に手を取り合って山の中を進む女鳥王とハヤブサワケの心は硬く結ばれ、希望はなくても共にいることが幸せだと歌う、感動的な究極の愛の讃歌で締めくくりました。歌枕の「メドリとハヤブサワケ・愛の讃歌」を聴くと、メドリとハヤブサワケの2人に感情移入してしまい、今までならオオサザキ(仁徳天皇)は憎き敵でなんて酷い天皇だと思いましたが、この1年をかけて仁徳天皇の様々な面を物語よりその時代背景を知ることで、片方の立場や一面では語れないということを学びました。

いよいよ11月25日 堺能楽会館於 開催の「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇に寄せて〜では、仁徳天皇にまつわる興味深いお話の総集編となります。
ご参加の皆様からは、「いつも何気なく思っている地元の神社や地名が物語の中に出てきていて、古代から続く歴史があることを感じます。」「11月25日地元の人たちに聴いてほしいです。」など公演へむけて歌枕へエールを送ってくださいました。

2IMG_1712.jpg 3IMG_1716.jpg 4IMG_1719.jpg


コンサート後の歌枕オリジナルメニューでの食事会では、「柿の白和え」「きのこのスープ」「ミニハンバーグと蒸し野菜」「黒豆おにぎり」など、秋の彩り豊かな野菜を使ったお料理を美味しくいただきました。



■公演情報................................................................................................

歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜
やまとうた11月公演チラシ_ページ_1 やまとうた11月公演チラシ_ページ_2
(チラシ画像をクリックすると拡大されます)

日時…11月25日(日)開演:14:00 開場:13:30
会場…堺能楽会館(大阪府堺市堺区大浜北町3−4−7−100)
*詳しい情報・お申し込みは…うたまくらHPコンサート情報




10/27・10/28歌枕直美活動レポート - 2018.10.29 Mon

スタッフの松田です。
一昨日、昨日と歌枕にとって、この秋の大きな行事がありました。

10月27日(土)大阪・綿業会館於いて、友の会の会員様で歌枕直美音楽教室の生徒様でいらっしゃる伊藤紘一郎さんの80歳記念ソロリサイタルを歌枕がプロデュースさせていただきました。会場となった綿業会館は、煉瓦造りの趣のある建築で国の重要文化財に指定されており歴史的建築でのコンサートとなりました。現役時代 繊維業界でお仕事をされていた伊藤さんゆかりの場所でもあります。

1IMG_1785.jpg


伊藤さんは「八十路の青春」という言葉に出会い、今から何でもはじめられるという思いを持たれ、また歌枕との出会いにより72歳から歌をはじめられました。そして80歳を迎えらる時に合わせて、1年半前より準備を重ねてこられました。お仕事で駐在されていたインドネシア民謡からはじまり、ドイツリート、オペラアリア、日本歌曲、そして万葉の歌を歌い上げられました。司会・進行は、歌枕が務めさせていただき、絶妙な歌枕のツッコミ(?)での対話には、お集りくださった伊藤さんを応援される皆様からも、笑いや声援が湧いていました。伊藤さんの人生を音楽で語られた素晴らしいリサイタルとなりました。


翌日、10月28日(日)奈良明日香村にある奈良県立万葉文化館主催の「平成万葉市」に於いて『万葉の歌姫 歌枕直美〜やまとうたコンサート〜』に出演しました。万葉文化館とのご縁は、2001年開館記念の時に、日本最古の詩歌集「万葉集」にちなんで、詩歌を募集・選定して「平成版万葉集」となる“平成万葉・千人一首”の編纂を10年かけて行われるという企画をはじめられ、その「平成万葉・千人一首」第一回目の入選者の和歌に歌枕が作曲し、表彰式で演奏させていただき、またその後も、いろんな機会にお招きいただきコンサートをさせていただいてきました。

2IMG_1657.jpg


今回は、壬申の乱をテーマに、額田王、中大兄皇子、大海人皇子などの万葉歌を選曲し、1時間のコンサートをさせていただき、万葉文化館を訪れていたお客様が熱心に聴き入ってくださっていました。ほとんどのお客様が、はじめて歌枕の万葉歌をお聴きくださる方で、「歌枕は本名です。」という言葉に反応されたり、『紫の恋』の時に、「会場の男性の皆さん、大海人皇子の気持ちになって手を振ってください。」と歌枕がお話しすると、ちょっと遠慮がちに手を振られるなど楽しんでくださっている様子でした。スタッフの方々から、「素晴らしかったです。これからもよろしくお願いします。」とお声掛け頂きました。また静岡より友の会の会員様が、「万葉の本拠地でのコンサート素晴らしい!これはいかなきゃ!と思って来ました。」と、応援にかけつけてくださいました。本当にありがとうございました。

そして10月が無事に終わり、いよいよ11月25日 堺能楽会館での「歌枕直美 やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜公演に向かいます。



■公演情報................................................................................................

歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜
やまとうた11月公演チラシ_ページ_1 やまとうた11月公演チラシ_ページ_2
(チラシ画像をクリックすると拡大されます)

日時…11月25日(日)開演:14:00 開場:13:30
会場…堺能楽会館(大阪府堺市堺区大浜北町3−4−7−100)
*詳しい情報・お申し込みは…うたまくらHPコンサート情報



秋の新作公演 「歌枕直美『やまとうたコンサート』〜仁徳天皇に寄せて〜」ご案内 - 2018.10.22 Mon

スタッフの松田です。
10月も後半になり、日に日に秋が深まっていきます。
歌枕の秋の新作公演 11月25日 歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇に寄せて〜(於:堺能楽会館)開催まで、あと1ヶ月と迫ってまいりました。
歌枕は、作品制作はもちろんのこと、能舞台を生かした演出、衣装など、公演にむけての準備をすすめております。
第一部は、仁徳天皇にまつわる興味深いお話を、和歌とともに紹介します。第二部は、歌枕のトークとともに「やまとうた」の名曲をお届け致します。

やまとうた11月公演チラシ_ページ_1 やまとうた11月公演チラシ_ページ_2
(チラシ画像をクリックすると拡大されます)


会場となる堺能楽会館は、日本で唯一の個人が所有する本格的な能舞台で、持ち主である大澤家がどこにも負けない本物を作ろうと!堺の財産を作ろう!との思いを込めて昭和44年に建てられました。総檜作りの舞台、檜皮葺きの屋根、緊張感のある空間、音の響きの良い本物の能舞台での、歌枕直美「やまとうたコンサート」です。『音絵巻』公演とはまた違った歌枕の世界をお楽しみください。

1IMG_9543.jpg


また会場のある堺市には、仁徳天皇、履中天皇をはじめとする44基の古墳群(世界文化遺産候補)があります。またヤマトタケルの白鳥伝説に由来した大鳥大社もあり、古代からの歴史の深いところです。その他、茶道千家の始祖・千利休や女流歌人 与謝野晶子の誕生地でもあり、歴史文化の魅力がある街です。公演前に堺の歴史・文化散策はいかがでしょうか。
皆様のお越しをお待ち致しております。

3IMG_1438.jpg 4IMG_1427.jpg 5IMG_1429.jpg


■公演情報................................................................................................
.
歌枕直美「やまとうたコンサート」
     〜仁徳天皇によせて〜

日時…11月25日(日)開演:14:00 開場:13:30
会場…堺能楽会館(大阪府堺市堺区大浜北町3−4−7−100)
*詳しい情報・お申し込みは…うたまくらHPコンサート情報



「第33回日本整形外科学会基礎学術集会」〜知の結集 やまとぢから〜出演レポート - 2018.10.15 Mon

スタッフの松田です。
10月10日(水)奈良県立医科大学整形外科学教室の田中康仁教授が会長を務められる「第33回日本整形外科学会基礎学術集会」〜知の結集 やまとぢから〜の学会長招聘晩餐会(ホテル日航奈良於)オープニングにて「やまとうた」を、また・11日(木)は学会開会式(奈良春日野国際フォーラム 能舞台於)にて国歌「君が代」斉唱の大役を、歌枕が務めさせて頂きました。

43586898_1077856225708399_308256155090550784_n.jpg


田中教授の「日本の知を縁を結び、奈良に集結して世界に強く発信したい」との思いが込められた学会前夜の晩餐会には国内外の整形外科の権威の先生方が約350名お集りになる中でのオープニング演奏で、奈良県立医科大学のある橿原ゆかりの「国見の歌」をはじめ、「風月同天」などほか2曲を演奏させていただきました。皆様に大変お喜びいただけたと、田中教授夫人よりお声がけいただきました。

43629553_1077857115708310_1583348043086823424_n.jpg


翌日の学会開会式では、能舞台の橋掛かりより舞台に歌枕が登場、会場全員が起立し国歌「君が代」を斉唱。厳粛な空気感の中、学会長田中教授のご挨拶より学会が始まりました。基調講演には、東大寺の狭川管長、また会場には天平の楽園・東大寺と正倉院の写真を撮られている写真家の三好和義さんの写真が飾られるなど、奈良から発信の学会でした。

43552510_1077858175708204_4958781176228610048_n.jpg


また歌枕が橿原市の観光大使をさせていただいていることも、大変喜んでくださっており、関係者方より「歌枕さんが橿原の観光大使を務められていることを誇りに思います。」とのメッセージを頂戴致しました。



*歌枕直美 秋のコンサート情報...詳しくは、うたまくらHP

*11月25日(日)14時開演 於:堺能楽会館
歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (73)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (179)
活動レポート (65)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (13)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (55)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (9)
コンサート案内 (21)
うたまくら茶論 (2)
活動情報 (2)
プロデュース (7)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示