FC2ブログ
topimage

12月3日「茶論やまとうたコンサート」レポート - 2018.12.10 Mon

スタッフの松田です。
昨日、12月「茶論やまとうたコンサート」を開催。今年は1年をかけて仁徳天皇をテーマに上演させていただきましたが、その締めくくりは「仁徳天皇 後日談その3」。歌枕は、タラシ姫(神功皇后)を思わせる様な白の衣装で登場し、物語がはじまりました。

IMG_7255.jpg


仁徳天皇の時代、朝鮮半島は3つの国に分かれていて、それぞれの国の王様がたまごから生まれたという伝説があり、今回のお話の前半は、雁が日本でたまごを産んだ、本来は日本ではたまごを産まないのに、普通でないことが起こった、それは吉事ととらえられ、古事記・日本書紀に記されているそうです。後半は、仁徳天皇の祖母であるタラシ姫(神功皇后)のお話でした。お話の途中では、先日の堺能楽会館での公演に続き時空を超えて赤人もやって来て、その不思議な話を紐解いてくれました。1年を通して、歴史のいろんなことが繋がってきました。

IMG_7208.jpg


今年の締めくくりに相応しく、大阪を中心に西から東からと友の会の重鎮の方々がお集まりくださり、様々な1年の思いをお話し頂き1年を振り返るコンサートとなりました。
また歌枕より、2019年さっそく1月6日にお招きいただいている「京都・高台寺利生堂コンサート」について、春の「音絵巻」公演ついてお話しさせていただき、新年にむけての思いを語りました。

IMG_7230.jpg IMG_7244.jpg IMG_7239.jpg


今日のお食事は、千葉から送っていただいた“泥ねぎ”のコース料理と山口から送っていただいた新米のおにぎりを添えて。歌枕が“泥ねぎ”を生かした料理をと考えたオリジナルメニューは、“ネギマリネとスモークサーモンのチーズ添え”“ねぎグラタン”“鱧とネギの雪見鍋”どのお料理もネギのうま味が引き出されていて大変美味しく頂きながら、お話もはずみました。

IMG_2374.jpg IMG_2376.jpg

IMG_2380.jpg IMG_2378.jpg

IMG_2384.jpg


新年の「茶論やまとうたコンサート」は2月3日(日)11時〜です。
*1月は「茶論やまとうたコンサート」は「京都・高台寺利生堂コンサート」ゲスト出演のため、お休みとなります。



京都・高台寺コンサート in Risho-do ~歌枕直美ゲスト出演・万葉歌をうたう~ - 2018.12.03 Mon

スタッフの松田です。
12月に入り、今年も残り1ヶ月をきりました。新年のご案内です。
新春1月6日 高台寺コンサート in Risho-do 早苗ネネ「和歌うた~万葉 平安 維新へ」にゲスト出演させていただくことになりました。
早苗ネネさんは、昔“じゅんとネネ”として一世風靡をされたネネさんです。その後も音楽活動を継続される中、10年前より和歌を歌うことをはじめられました。その時に、インターネットで歌枕の活動を知ってくださり、本年春 京都・無名舎に於いて開催した歌枕直美「音絵巻」~平家物語より~公演にお越し下さり、「私よりお若い方が、先に和歌に曲をつけて素晴らしい歌唱で活動されていらっしゃるのを知り感激しました。」とお声がけいただきました。歌枕は、子供の頃にテレビでご活躍されていたネネさんがお越しくださり、大変光栄ですと語っておりました。

620180409.jpg


そして今回、ネネさんより2019年新年の高台寺 利生堂でのコンサートにお声掛け頂き、「記紀・万葉集~やまとうた」を演奏させていただくことになりました。またネネさんより「船出の歌」をご一緒にとのリクエストをいただいています。
新年に相応しいコンサートとなります。

■コンサート詳細
◎日時:2019年1月6日(日) 昼公演 14時~/夜公演 18時~   
◎会場:高台寺利生堂
◎お申し込み方法:
 高台寺ホームページよりお申し込みください。
◎主催:高台寺





11月25日「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」レポート - 2018.11.26 Mon

スタッフの松田です。
11月25日堺能楽会館於「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」公演を開催致しました。
仁徳天皇・履中天皇を含む「百舌鳥・古市古墳群を世界文化遺産登録」へむけて活気づいている堺市にある堺能楽会館での公演でした。
第一部は「仁徳天皇に寄せて」
音楽がはじまり、幕が上がり、歌枕が1300年の時空を超えてやってきた赤人と共に橋懸かりから登場すると、会場は厳粛な空気につつまれ「仁徳天皇に寄せて」〜仁徳天皇にまつわるお話がはじまりました。難波の宮にいらっしゃった仁徳天皇(オオサザキ)は、後々 聖の天皇と言われた方で、人家のカマドから炊煙が立ち上がっていないことに気づいて民には租税を免除し、その間は自ら倹約をし宮殿の屋根の葺き替えさえしなかったという逸話、嫉妬深い皇后・磐之媛のお話、「カラノの舟」の出てくる木の魂のお話、オオサザキ(仁徳天皇)が亡くなっての息子たちによる後継者争いへと、赤人の進行とともに、歌枕が壮大な歴史物語を歌い語りました。能舞台に歌枕の生声が心地よく響き渡りました。

2IMG_2164.jpg

3IMG_2180.jpg 1IMG_2140.jpg


またオオサザキ(仁徳天皇16代)をはじめとし、イザホワケ(履中天皇17代)、ミヅハワケ(反正天皇18代)など、天皇の名前に鳥の名がついています。今回の歌枕の衣装は、不死鳥を思わせる様な華やかでエレガントな装いで、お客様より「能舞台、お話とぴったりで、歌枕さんのその神々しい姿に涙がでました。」などお声をいただきました。

そして第2部「やまとうた」では、『明日香風』からスタート。万葉歌の数々と歌枕のトークで、お客様と一体感のあるコンサートとなりました。『紫の恋』では、会場の皆様にも手を振っていただき、アンコールでは、『萌え出づる春』『カラノの舟』を会場の皆様とともに歌い、初めてお越し下さるお客様も多い中で、とても和やかな雰囲気となりました。

4IMG_1994.jpg

5IMG_2215.jpg 6IMG_2209.jpg


また今回は、歌枕直美音楽教室の生徒の皆様が、公演受付などお手伝いくださいました。

7IMG_2017.jpg 8IMG_2018.jpg 9IMG_2020.jpg

10IMG_2024.jpg 11IMG_2027.jpg 12IMG_2029.jpg


ご来聴いただきました皆様、ご協力いただきました皆様ありがとうございました。



いよいよ今週末!! 歌枕直美「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」 - 2018.11.19 Mon

スタッフの松田です。
11月25日 堺能楽会館に於ける歌枕直美「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」公演が、いよいよ今週末となりました。
大阪・堺での主催公演は今回がはじめてとなります。大阪南部にお住まいの友の会の方々をはじめ、堺市役所、観光協会、博物館・図書館などの公共施設のお力を借りて、堺のいろいろ場所に歌枕のポスター・チラシが登場しています。

やまとうた11月公演チラシ_ページ_1 やまとうた11月公演チラシ_ページ_2
(チラシ画像をクリックすると拡大されます)


今、堺市では「百舌鳥・古市古墳群を世界文化遺産登録」へむけて活気づいています。地元の方々は、身近に仁徳天皇陵古墳や履中天皇陵古墳があり、「仁徳さん、履中さん」と、親しみを込めて呼ばれています。また古市古墳群には、仁徳天皇の父である応神天皇陵があり、今回の公演の中でも、現代にも残る地名が多く登場し、千数百年を超えてつながってきている歴史を感じることができます。歌枕は、地元の皆様に堺や近隣地域の古から脈々と繋がる歴史や魅力を再発見していただけるようなコンサートにしていきたいと考えているようです。

公演は、第1部は、仁徳天皇にまつわる興味深いお話を、歌と語りでお届け致します。第2部は記紀・万葉やまとうたの名曲と歌枕のトークをお楽しみください。

■公演情報................................................................................................

歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜

日時…11月25日(日)開演:14:00 開場:13:30
会場…堺能楽会館(大阪府堺市堺区大浜北町3−4−7−100)
*詳しい情報・お申し込みは…うたまくらHPコンサート情報



11月25日「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」公演紹介 - 2018.11.12 Mon

スタッフの松田です。
11月25日堺能楽会館に於ける「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」公演まで、あと2週間となりました。歌枕の公演準備はリハーサルなど着々と進んでおります。

やまとうた11月公演チラシ_ページ_1 やまとうた11月公演チラシ_ページ_2
(チラシ画像をクリックすると拡大されます)


今日は、公演の第一部「仁徳天皇」物語を少しご紹介します。
難波の宮にいらっしゃった仁徳天皇。その当時はオオサザキと呼ばれていました。オオサザキは、後々 聖の天皇と言われた方で、人家のカマドから炊煙が立ち上がっていないことに気づいて民には租税を免除し、その間は自ら倹約をし宮殿の屋根の葺き替えさえしなかったという逸話が残っています。
またオオサザキをはじめとし、イザホワケ、ミヅハワケなど、天皇の名前に鳥の名がついています。その他、嫉妬深い皇后・磐之媛のお話、「カラノの舟」の出てくる木の魂のお話を、日本の民話や神話などを交えてご紹介します。そしてオオサザキ(仁徳天皇)が亡くなっての息子たちによる後継者争いにより、イザホワケ(履中天皇)は現在も残る地名をたどりながら難波宮から石上神宮へと逃避行し、都が難波から大和へ移って行きます。そしてオオサザキ(仁徳天皇16代)、イザホワケ(履中天皇17代)、ミヅハワケ(反正天皇18代)へとつながっていく壮大な歴史物語を、歌枕が歌い語ります。

mozu1.jpg


また公演を行う堺市には、「百舌鳥古墳群」と呼ばれる日本を代表する古墳群があり、現在、世界最大の墳墓である仁徳天皇陵古墳をはじめとする44基が残っています。仁徳天皇の御陵と並んで息子である履中天皇陵古墳もあります。ぜひ歴史の深い堺での歌枕直美「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」にお越しください。

■公演情報................................................................................................

歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜

日時…11月25日(日)開演:14:00 開場:13:30
会場…堺能楽会館(大阪府堺市堺区大浜北町3−4−7−100)
*詳しい情報・お申し込みは…うたまくらHPコンサート情報




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (74)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (179)
活動レポート (65)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (13)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (56)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (10)
コンサート案内 (22)
うたまくら茶論 (2)
活動情報 (2)
プロデュース (7)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示