FC2ブログ
topimage

歌枕直美 2018年秋のプロデュースコンサート2弾!! - 2018.10.08 Mon

スタッフの松田です。
先週の茶論アンディームジークコンサートに続き、昨日は歌枕直美音楽教室講師陣による「オータムコンサート」を開催致しました。
教室の生徒様を中心とした地域の皆様に、生の本物音楽をお届けしたいという歌枕主宰の思いで、季節ごとの講師コンサートを企画しています。講師陣は、歌枕の指導のもと様々なジャンルの音楽に挑戦し、演奏の幅を広げています。今回は、イギリスをテーマとし、クラシック、民謡、ポップスと幅広いジャンルの音楽をピアノソロ、連弾、歌で演奏しました。

1IMG_1269.jpg 2IMG_1270.jpg


またここにも、歌枕のオリジナル作品「和歌劇」より誕生したキャラクター?時空を越えてやって来た山部赤人が登場し、楽しいお話でコンサートの進行を務め、子供から大人まで楽しい時間を過ごしました。歌枕はこの日に合わせて秋の七草があしらわれた着物をリメイクしたドレスで登場し、ご参加くださった皆さまとご一緒に「秋の七草」を歌い、秋のコンサートを締めくくりました。

歌枕直美 2018年秋のプロデュースコンサートは、10月27日歌枕直美音楽教室生徒の「伊藤紘一郎さん80歳記念ソロリサイタル〜八十路の青春〜」へと続きます。

■伊藤紘一郎80歳記念ソロリサイタル
2018年10月27日(土)14時開演(13時半開場)
日本綿業倶楽部(綿業会館)大会場 本館7F
*入場無料* ご参加希望の方は、うたまくら(06-6317-3873)までお申し込みください。

........................................................ *** ........................................................

*歌枕直美 秋のコンサート情報...詳しくは、うたまくらHP

*11月25日(日)14時開演 於:堺能楽会館
歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜





歌枕直美プロデュース「アンディームジークコンサートvol.3」レポート - 2018.10.01 Mon

昨日9月30日(日)うたまくら茶論に於いて、歌枕直美プロデュース「アンディームジークコンサートvol.3」〜薮岡美佐江 朗読と音楽のひととき〜を開催しました。

薮岡さんは、歌枕の実母でいらっしゃり83歳でありながら朗読の先生を現役でなされています。音楽にも造詣が深く、60歳を過ぎてから声楽の勉強もなされていらっしゃり、今回 歌枕のプロデュースでうたまくら茶論でしかできない企画が誕生しました。

1IMG_6600.jpg


第一部は、バッハの奥さんであるアンナ・マグダレーナ・バッハの日記を元に出版されている本「なつかしきバッハ」より、2人の結婚、クラヴィア曲集の誕生秘話、家庭的なバッハの素顔、バッハ家で時折開かれた音楽会、そして終焉までを、薮岡さんが編集されての朗読、そのお話の間では、歌枕が内容に合わせたバッハの曲を選曲し、クラヴィコード・チェンバロ・ベヒシュタインピアノ・歌での演奏で構成しました。音楽書で知る厳格なバッハの肖像画からは想像ができなかったバッハ像が立ち上がりました。また歌枕のセンスで、茶論はろうそくの灯りの中、しっとりとした雰囲気で、時代を超えてバッハ家の茶論の様に感じました。

2IMG_6512.jpg 3IMG_6505.jpg


第二部は薮岡さんの歌の演奏で、歳を重ねより艶やかになられ魅力溢れるコンサートとなりました。一部、二部と、お孫さんである歌手の歌枕美和さんも演奏に参加して下さり、バッハ家の音楽会ならぬ歌枕家の音楽会となりました。

4IMG_6576.jpg






2018年7月 歌枕直美「橿原市観光PR大使」就任 - 2018.07.16 Mon

タッフの松田です。
歌枕は、2年半前より、記紀・万葉にゆかりの地・歴史の宝庫である奈良県橿原市を音楽を通して国内外に橿原を広めてほしいと、観光大使に任命いただき今年春に2年間の任期を終えましたが、更に7月より「橿原市観光PR大使」に任命頂きました。

1IMG_9459.jpg


橿原市には、大和三山に囲まれた日本最初の都城・藤原京跡があり、歌枕のオリジナル作品 記紀・万葉「やまとうた」や「和歌劇」の中には、「大和三山」「藤原京の歌」「大和は国のまほろば」など多くのゆかりの歌があります。
そんなご縁により10数年にわたり橿原市より貴重な機会でのコンサートなどをご依頼いただき、務めさせていただきました。

2jinmusai 026
橿原神宮外拝殿 春の神武祭オープニングセレモニー2013


また橿原市では、歌枕のオリジナル「やまとうた」の中から橿原市にゆかりのある5曲を抜粋した橿原市発行CD「橿原を歌う〜Myriad Leaves〜」を製作され、ご紹介頂いています。

IMG_5294.jpg IMG_5293.jpg

橿原市発行CD「橿原を歌う〜Myriad Leaves〜」
<挿入曲> 1.ヤマトは国のまほろば 2.籠もよみ籠持ち 3.国見の歌 4.大和三山 5.藤原京の歌


歌枕の歌を聴きながら、いにしえの地 橿原を訪れてみられるのはいかがでしょうか。





うたまくら茶論「歌枕直美のオリジナル料理」ご紹介 - 2018.06.18 Mon

スタッフの松田です。
うたまくら茶論での歌枕オリジナル料理。
今年の春の代表はビーツ料理です。姫路にお住まいの会員様に、歌枕のリクエストで作っていただきました。

20180618104900c41.jpeg


ビーツは、日本ではまだまだ馴染みが薄いですが、ヨーロッパ料理ではボルシチに使われる鮮やかな赤い野菜です。歌枕はヨーロッパ公演でのすきまの時間は、各地の市場へ野菜や香辛料などを見に行き、地元料理をいただくなどの経験と歌枕なセンスで、歌枕のオリジナルビーツ料理が誕生しました。

2018061810523018a.jpeg

20180618105228114.jpeg

201806181052307bf.jpeg


着色料なしのビーツそのものの色を生かしたお料理は、テーブルに出された瞬間にお客様から「わぁー、きれい‼︎」そして「美味しい‼︎」と、大好評。見て楽しみ、食べて楽しみ、ビーツからヨーロッパのお話まで、話題が広がっていきます。
春のビーツは終了し、次の収穫は冬だそうです。歌枕より「クリスマス料理を彩る料理として登場すると思います。」とのことです。お楽しみに。




大阪管工機材商業協同組合80周年記念 祝賀会オープニング演奏 - 2018.03.06 Tue

3月5日大阪リーガロイヤルホテル光琳の間に於いて、大阪管工機材商業共同組合様の80周年記念祝賀会が開催されました。全国から約400名のお客様をお迎えになられての祝賀会で、そのオープ二ングを歌枕が務めさせていただき、祝歌としてやまとうた3曲を演奏させていただきました。

1IMG_6227.jpg


会場が暗転となり、「明日香風」の歌枕の声とともに照明が入り、ステージのスクリーンには銅鐸をモチーフとした紋様が映し出され、とても印象的な祝賀会の始まりとなりました。大会場でのステージ、トークの時には歌枕の顔がスクリーンに映し出されました。

2IMG_6229.jpg


トークでは、1350年前すでに大阪では樋をつないだ配管工事がなされ水を流していたとのお話をさせていただき「萌え出づる春」を、そして「船出の歌」を演奏しました。

3IMG_6228.jpg


会場でお聴きくださった方より、「引き込まれるようでした。鳥肌が立ちました。」とのお声をかけていただきました。
最後になりましたが、大阪管工機材商業協同組様80周年、おめでとうございます。
貴重な日にお招きをいただきましてありがとうございました。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (74)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (39)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (3)
うたまくら30周年にむけて (16)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示