FC2ブログ
topimage

歌枕直美 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャー」京都公演 周辺のご案内vol.2 - 2020.03.16 Mon

スタッフの松田です。
3月も中旬を過ぎ、世の中はまだまだコロナウィルスの影響で先が見えてこない状況ですが、歌枕は「寒い冬の後には必ず春になり桜が咲く様に、今の状況にも必ず終わりが来る」と信じて、春公演の準備に励んでおります。先週末には、衣装や映像を合わせて、本番さながらのリハーサルを行いました。時代性と主人公・細川ガラシャという人物像が、立ち上がって来る様な作品に仕上がっていました。

さて今日は、歌枕直美 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャー」京都公演会場である無名舎周辺にある、歌枕おすすめのお店をご紹介いたします。


前田珈琲室町本店

建物はもと呉服屋さんで、1981年に前田珈琲の本店として開店。落ち着いた古典的な店内の歴史深い老舗の珈琲店です。ドイツ・プロバット社の直火式焙煎機を設置した焙煎室もあり、世界各国から仕入れたこだわりの珈琲が頂けます。歌枕無名舎へお伺いする時には、その前後で立ち寄っています。

IMG_2318.jpg IMG_2317.jpg


     営業時間:7:00~19:00(LO18:30) /
     電話番号:075-255-2588
     住所:〒604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入る橋弁慶町236
     電話番号:075-255-2588
     営業時間:7:00〜19:00(LO.18:30) /無休
     HP:https://www.maedacoffee.com/shopinfo/honten/


*イタリアン「トラットリア ラ・ヴォーチェ」
Trattoria La Voce


上品でありながら、肩肘はらずに本格的なイタリアンを楽しめるお店で、イタリアローマで修業を積んだオーナーが手がけるお料理は、使用する素材にとことんこだわられています。すこし細い道を入った所にありますが、歌枕ならではの嗅覚で見つけたおすすめ店で、ガラシャ公演のチラシも貼って紹介して下さっています。とても人気のお店ですので、行かれる場合は、先に電話予約をおすすめいたします。

IMG_2320.jpg IMG_2319.jpg


     住所:京都京都市中京区室町新町の間四条上ル観音堂町456 シティキャスル四条  1F
     電話:050-5869-2091(電話予約は10時〜23時受付)
     営業時間:ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:00) ディナー 17:30~23:00 (L.O.21:30)
     HP: https://www.lavoce-kyoto.com/trattoria/


どちらのお店も、「烏丸駅」より、無名舎までの間にあります。京都のゆったりとした時の流れを感じながら、ちょっと一息で美味しい珈琲、またはランチ・ディナーをいかがでしょうか。コンサートともに、春の京都をお楽しみください。

無名舎周辺地図2
(画像をクリックすると拡大されます。)




<春の新作公演>
歌枕直美 歌と語りの一人舞台
音絵巻「うつそみの人 — 細川ガラシャ - 」
      〜魂の故郷を求めて〜

2020春公演チラシ表画像 2020春公演チラシ画像
(画像をクリックすると拡大されます。)

◆京都公演…京都生活工芸館 無名舎
日時:4月18日(土)19日(日)20日(月)3日間共 開演14:00(開場13:30)
公演…さかい利晶の杜 2F講座室
日時:4月25日(土)開演15:00(開場14:30)、 26日(日)開演13:00(開場12:30)
*お申し込みは、うたまくら(06-6317-3873)まで



歌枕直美 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャ」京都公演 周辺のご案内vol.1 - 2020.03.09 Mon

スタッフの松田です。
いよいよ歌枕直美 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャ」公演は、40日後に迫ってまいりました。今、世の中ではコロナウィルスの影響で様々な文化活動が自粛されていますが、これからよい方向に進み春が迎えられるように願い、歌枕は春の公演にむけて準備を重ねています
さて、今日は、京都公演の会場である無名舎周辺にあるガラシャゆかりの地をご紹介いたします。

1IMG_1817.jpg 2IMG_1816.jpg


今回の作品の主人公・細川ガラシャが生きていた時代、無名舎の近く蛸薬師通にイエズス会によって建てられた「南蛮寺」があり、京都におけるキリスト教のと南蛮文化の中心となっていました。そこでガラシャの一周忌を記念する礼拝がおこなわれたと言われています。

3IMG_1815.jpg 4IMG_1814.jpg


実は、細川ガラシャ・珠の父である明智光秀に織田信長が襲撃され非業の最期を遂げた場所「本能寺」も、無名舎近くにあります。本能寺の変の際に全焼した本能寺はすぐに再建されましたが、現在、寺町にある本能寺は豊臣秀吉によって場所が移されいます。歴史的大事件「本能寺の変」の起こった場所には、今は石碑のみが残されています。

無名舎周辺地図
(画像をクリックすると拡大されます。)


どちらの跡地も無名舎を挟み歩いて4〜5分のところです。ぜひ公演の前後で、ガラシャの時代に思いをはせての歴史散策はいかがでしょうか。


<春の新作公演>
歌枕直美 歌と語りの一人舞台
音絵巻「うつそみの人 — 細川ガラシャ - 」
      〜魂の故郷を求めて〜

2020春公演チラシ表画像 2020春公演チラシ画像
(画像をクリックすると拡大されます。)

京都公演…京都生活工芸館 無名舎
日時:4月18日(土)19日(日)20日(月)3日間共 開演14:00(開場13:30)
◆堺公演…さかい利晶の杜 2F講座室
日時:4月25日(土)開演15:00(開場14:30)、 26日(日)開演13:00(開場12:30)
*お申し込みは、うたまくら(06-6317-3873)まで



歌枕直美 春の新作公演 音絵巻「うつそみの人―細川ガラシャー」公演会場のご紹介vol.2 - 2020.02.24 Mon

スタッフの松田です。
今日は、毎年春の恒例になりました「京都生活工芸館・無名舎」とご当主である吉田孝次郎先生についてご紹介いたします。

2020春公演チラシ表画像 2020春公演チラシ画像
(画像をクリックすると拡大されます。)


吉田孝次郎先生は、半世紀をかけて近代化され風情のなくなった京町家や祇園祭を本来の形に戻された方です。吉田先生が東京の美術学校に行かれ、戻って来られた時に、京都が近代化という名の下に、大事なものを多く失っていると感じ、実家である現無名舎をもとの町家の状態に戻し、町全体の京町屋の風情や再生させ、その活用法を模索して来られました。また祇園祭山鉾連合会理事長を2年前迄務め、祇園祭の復元にも尽力され、メインの山鉾巡行のみでなく、「屏風祭」(後祭り)も復元されました。

201902220007084c1.jpeg 1IMG_2176.jpg


歌枕は20代の頃、ちょうど修復を終えられたところの無名舎に縁あって訪れました。その時、ここに息づく文化のあり方や、吉田先生の「日常にあってもできるだけうつくしいもの、自分を啓発してくれるものや雰囲気をもとめ続けることが重要。生活工芸・空間の創作、人生日々創作」というお考えに触れ、多くの刺激を受けました。風にそよぐ庭の葉、水に落ちた花、ゆれる簾、涼やかさの工夫がさりげなくほどこされ、また夕暮れになると聞こえてくる笛の音などがとても贅沢で別世界に感じたそうです。それから何度も無名舎をお借りし、独特な空間を活かしたコンサートを企画し行いました。そして歌枕は、この無名舎での経験が原点となり、歴史的建築を活かすコンサートの活動へとつながり、各地に残る神社仏閣をはじめとし、町家、庄屋屋敷、酒蔵などその空間ならではのコンサートを行っています。

1IMG_4465.jpg
(2019年4月 無名舎於「源氏物語—六条わたりー」公演)


そして、4年前『歌と語りの一人舞台〜音絵巻』の形式での作品が誕生した時、吉田先生にお願いし、再び無名舎での公演が実現し、「アメワカミコ」「平家物語より〜熊野・敦盛」「源氏物語—六条わたりー」と毎年春に開催させていただいており、今年は、音絵巻第四弾「うつそみの人―細川ガラシャー」~ 魂の故郷を求めて ~を開催いたします。
無名舎の公演では、京町屋の佇まい、襖や鴨居、床の間などを生かした舞台作りで、ハイビジョン画面で文様や日本画を襖絵の様に浮かび上がらせ、その前で日本の歴史物語を歌枕の歌と語りをお楽しみいただけます。また公演の前後では、京町屋のお部屋や縁側で、あたたかいお茶をお召し上がりながら春のひとときをお過ごしください。


[京都伝統工芸館 無名舎]
京呉服の問屋街「室町」の一画六角町にあり、建物は白生地問屋を商った京商家の典型ともいうべき表屋造り。店舗、住居、土蔵とそれらを結ぶ2つの庭と、通り庭から成っている。1909(明治42)年建設。
平成11年に歴史的意匠建造物、平成18年に景観重要建造物に、京都市の指定を受けているほか平成25年文化庁より登録有形文化財に認定されている。


<春の新作公演情報>
歌枕直美 歌と語りの一人舞台
音絵巻「うつそみの人 — 細川ガラシャ - 」
      〜魂の故郷を求めて〜

京都公演…京都生活工芸館 無名舎
日時:4月18日(土)19日(日)20日(月)3日間共 開演14:00(開場13:30)
◆堺公演…さかい利晶の杜 2F講座室
日時:4月25日(土)開演15:00(開場14:30)、 26日(日)開演13:00(開場12:30)
*お申し込みは、うたまくら(06-6317-3873)まで



春公演 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャー」公演会場のご紹介vol.1 - 2020.02.17 Mon

スタッフの松田です。
立春を過ぎたとはいえ、まだまだ厳しい寒さが続きますが、皆様いかがおすごしでしょうか。歌枕は現在、春の新作公演 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャー」の公演用音源制作に取り組んでいます。


2020春公演チラシ表画像 2020春公演チラシ画像
(画像をクリックすると拡大されます。)



今回、音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャー」 公演は、京都と大阪・堺の2都市での開催となります。その会場の魅力や周辺の見所やお店などを順にご紹介させていただきます。
1回目は、大阪・堺公演 “さかい利晶の杜”についてご紹介いたします。

まず、“さかい利晶の杜”のある大阪府堺市ですが、一昨年の堺能楽会館で公演しました「仁徳天皇」の古墳時代からの歴史が脈々と続き、また細川ガラシャ生きた時代の堺は、日明貿易の中継地として更なる賑わいを始め、琉球貿易・南蛮貿易の拠点として国内外より多くの商人が集まり栄えていました。その当時、堺にはキリシタンの宣教師を支援する茶人や武将がいる、イエズス会の重要な拠点であり、そこにはガラシャの墓地もありました。布教のため来日していたイエズス会の宣教師ガスパル・ヴィレラは、その著書『耶蘇会士日本通信』のなかで、「堺の町は甚だ広大にして大なる商人多数あり。この町はベニス市の如く執政官によりて治めらる」と書いたことによって、堺の様子は当時の世界地図に掲載されるほどヨーロッパ世界に認識されて「東洋のベニス」と呼ばれていたそうです。


さかい利晶の杜 画像



今回の会場となる“さかい利晶の杜”には、千利休と茶の湯を歴史文化から解き明かす「千利休茶の湯館」、歌人与謝野晶子の作品世界とその生き方に触れる「与謝野晶子記念館」、堺観光の基点となる「観光案内展示室」などがある文化施設です。
公演の前後でご見学はいかがでしょうか。(要観覧料)


りしょう2 りしょう3



また、千家茶道由来の地である千利休屋敷跡に面した「茶の湯体験施設」では、表千家・裏千家・武者小路千家のお点前により椅子席での立礼呈茶があります。歌枕直美 音絵巻「うつそみの人—細川ガラシャー」堺公演のチケットには、立礼茶席のチケットがついておりますので、堺のお茶とお菓子をお楽しみください。


<春の新作公演情報>
歌枕直美 歌と語りの一人舞台
音絵巻「うつそみの人 — 細川ガラシャ - 」
      〜魂の故郷を求めて〜

◆京都公演…京都生活工芸館 無名舎
日時:4月18日(土)19日(日)20日(月)3日間共 開演14:00(開場13:30)
◆堺公演…さかい利晶の杜 2F講座室
日時:4月25日(土)開演15:00(開場14:30)、 26日(日)開演13:00(開場12:30)
*お申し込みは、うたまくら(06-6317-3873)まで




歌枕直美 春の新作音絵巻公演のご紹介 - 2020.01.27 Mon

スタッフの松田です。
毎日、厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
歌枕は、新作の制作に励んでおり、うたまくらでは寒さの中に春の兆しがみえてきています。
さて、歌枕直美 春の新作公演 音絵巻「うつそみの人―細川ガラシャー」~ 魂の故郷を求めて ~の公演チラシが完成しましたので、ご紹介いたします。

2020春公演チラシ表画像 2020春公演チラシ画像

(画像をクリックすると拡大されます。)

毎年、春は京都無名舎での新作音絵巻が恒例でしたが、今回は、無名舎に加え、主人公ガラシャゆかりの地である大阪・市でも開催いたします。ガラシャの生きていた時代、京都の公演場所に近い蛸薬師通りに、キリシタンの教会・南蛮寺があり、そこでガラシャの一周忌を記念する礼拝がありました。南蛮寺跡は、無名舎のほん近くにあります。また は、キリシタンの宣教師を支援する人が沢山いる、イエズス会の重要な拠点であり、そこにはガラシャの墓地もありました。


京都公演
 日時:4月18日(土)19日(日)20日(月)3日間共 開演14:00(開場13:30)
 会場:京都生活工芸館 無名舎
京町屋のお部屋で、縁側で、ゆったりとお庭を眺め、あたたかいほうじ茶をお召し上がりながら、コンサート前のひとときをお楽しみください。

公演
 日時:4月25日(土)開演15:00(開場14:30)、 26日(日)開演13:00(開場12:30)
 会場:さかい利晶の杜 2F講座室
千利休の街・。「さかい利晶の杜」立礼茶席(南海庵)にて、お抹茶との和菓子をお楽しみください。(お茶券付...コンサートの前後でご利用ください。)

春の好季節、コンサートにお越しに兼ね合わせて、京都の歴史散策はいかがでしょうか?
また、両会場とも、小スペースとなりますため、お早い目のお申込みをお勧め致します。
チケットのお申し込みは、うたまくらまで(06-6317-3873)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (73)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (38)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (3)
うたまくら30周年にむけて (13)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示