FC2ブログ
topimage

11月30日 浜松・歌枕直美「万葉コンサート」ご案内 - 2019.09.23 Mon

スタッフの松田です。
令和元年11月30日(土)歌枕直美「万葉コンサート」- 梅の花に寄せて - のご案内チラシが完成いたしました。

20191130実相寺20191130実相寺裏面

(画像をクリックすると拡大されます。)


今年5月より、令和時代がはじまりました。新元号「令和」は、万葉集 梅花の歌32首の序文より出典されました。奈良時代のはじめ、九州の太宰府の長官であった大伴旅人が邸宅で催した“梅花の宴”では、当時、中国から伝わってきたばかりで珍しかった梅の花をめで、和歌を詠みあいました。その“梅花の宴”の和歌を、はじめとする万葉集の歌をご紹介いたします。

今回の会場の松源山 実相寺(静岡県浜松市北区引佐町金指1371)は、今までに公演をさせていただいた奥浜名湖の宝林寺や龍潭寺に近くにあり、翁禅師によって南北朝時代の1387年に創建された古刹で、木造建築の響きの良さを生かした歴史的建築でのコンサートとなります。また江戸時代初期の作庭とされる枯山水庭園は静岡県指定名勝でもあり、晩秋のひとときをゆったりとお過ごし頂けます。久し振りの浜松での歌枕直美「万葉コンサート」しっとりとお楽しみください。

公演チラシは、まもなく歌枕直美友の会の皆様へのお届け、そして各所での配布がはじまります。チラシのご配布や置かせていただける場所等がございましたら、お手数ながらご一報願えますでしょうか。ご協力をよろしくお願いいたします。

■コンサートのお申し込み・ご連絡は、うたまくらまで(06-6317-3873)




第8回おもしろ歴史フェスティバルにて、歌枕直美「万葉コンサート」案内 - 2019.09.16 Mon

スタッフの松田です。
9月28日(土)、29日(日)の2日間、奈良県営馬見丘陵公園(北葛城郡河合町大字佐味田2202)において、 歴史フェスティバル実行委員会主催 第8回おもしろ歴史フェスティバル「歴史を愉しむ!!」が開催されます。
その初日28日(土)13時〜14時半、令和記念としてトーク&歌 歌枕直美「万葉コンサート」をご依頼いただきました。

20190928案内
(画像クリックすると拡大されます。)


おもしろ歴史フェスティバルは、奈良県中南和エリアの市町村が「歴史」をテーマにそれぞれの魅力を発信しようと企画され、今年で8回目となられます。
今回会場である、奈良県営馬見丘陵公園は、広陵町と河合町の両町にまたがるエリアに位置し、古墳群と良好な自然環境が残された地域にあります。
馬見古墳群は奈良盆地における佐紀盾列古墳群、大和柳本古墳群と並ぶ大和3大古墳群の1つで、4~5世紀に築造されたものが多く、250基を超える大古墳群です。

この歴史と文化の遺産の中での、歌枕直美「万葉コンサート」、初秋の好季節、歴史散策とあわせてお越し頂けると嬉しいです。
野外でのコンサートですが、雨天決行予定です。(閲覧無料)
■お問い合わせは...奈良新聞社 歴史フェスティバル係 0742-32-2112



歌枕直美 秋公演のご案内 - 2019.08.26 Mon

スタッフの松田です。
お盆がすぎ、秋風を感じるようになりました。

今秋の歌枕直美公演は、11月30日(土)静岡・松源山 実相寺(静岡県浜松市北区引佐町金指1371)において、令和にちなみ「万葉コンサート」を開催いたします。今、歌枕と脚本・総監督の菅沼先生で、公演作品を制作中です。
今日は、その内容に基づいて、公演案内チラシのための写真撮影を行いました。デザイナーさん、カメラマンさん、ヘアメイクさん、衣装スタッフの方々のアイデア・センスの結晶で、素敵な写真が撮れました。

20190826撮影
撮影スタッフの皆様とご一緒に


歌枕直美友の会の皆さまへは、9月末ごろに、公演ご案内チラシをお届けいたします。どのようなチラシになるか、皆さまお楽しみに。
また、公演案内チラシをご希望の方、配布のご協力をお願いできます方は、うたまくら事務所(06-6317-3873)までお知らせください。





うたまくら茶論「やまとうたコンサート」お知らせ - 2019.07.01 Mon

スタッフの松田です。
うたまくら茶論「やまとうたコンサート」は、歌枕の本拠地・うたまくら茶論に於ける歌枕直美友の会 会員制のコンサート(毎月 基本第1日曜日に開催)で、記紀・万葉やまとうたの名曲と新作物語を上演しています。

1IMG_460120190701.jpg 2IMG_465520190701.jpg


今年は日本の象徴である“富士山”をテーマに、2月より『アズマの国のヤマトタケル』、『三保の羽衣伝説』、「手児の呼坂(てごのよびさか)」、『富士の神と筑波の神』、『防人と富士の高嶺』を上演、様々な富士にまつわる物語をご紹介してきました。
そして今月7月の作品は、『富士山とかぐや姫』。かぐや姫=竹取物語というと、の十二単を着たかぐや姫を思い浮かびますが、内容は万葉集と同時代(7世紀末〜8世紀初頭)で、「源氏物語」でも、「物語の出で来はじめの祖(おや)なる竹取の翁」とあるように、日本最古の物語といわれています。今回の物語では、「富士山」と「かぐや姫」、どのような関わりがあるのかをご紹介します。

そして今月の「やまとうたコンサート」は、7月7日 七夕の日。お天気はわかりませんが、うたまくら茶論では、歌枕による“天の川の恋”で、1年に1度の逢瀬、彦星と織姫が出会えるに違いありません。お楽しみになさってください。

またコンサート後の歌枕お手製メニューでのお食事会も大変好評をいただいております。歌枕と会員様の交流の時間です。お一人様でもお気軽にご参加ください。

3IMG_523420190701.jpg


うたまくら茶論「やまとうたコンサート」詳細・お申し込みは、うたまくらHPより


歌枕直美出演:NHKラジオ アンコール放送のお知らせ=

昨年4月の放送時に多くの反響をいただきましたNHKラジオ深夜便「人ありて街は生き~和歌の心を歌う」の再放送が決定いたしました。深夜となりますが、ぜひお聴き頂けると嬉しいです。

*番組:NHKラジオ深夜便「人ありて街は生き~和歌の心を歌う」
*放送日時:7月6日(土)午前1:05〜
*ラジオ第一、FM、国際放送、らじるらじる、ラジコ(いずれも全国)



歌枕直美「音絵巻」源氏物語—六条わたり公演ご案内 - 2019.03.25 Mon

スタッフの松田です。
歌枕京都伝統工芸館 無名舎に於ける「音絵巻」源氏物語—六条わたり公演。先週は、無名舎 吉田孝次郎先生について、出会いについてをご紹介いたしました。今日は、無名舎での「音絵巻」公演の魅力についてご紹介いたします。
「音絵巻」は、日本建築の佇まい、襖や鴨居、床の間などを生かした舞台作りで、ハイビジョン画面で文様や日本画を襖絵の様に浮かび上がらせ、その前で日本の歴史物語を歌枕の歌と語りで繰り広げる公演です。
一昨年その第一作「アメワカミコ」の脚本が出来た時に、歌枕がこの作品は無名舎で行いたいと考え、吉田先生にお願いし「音絵巻」公演の初演を行い、そして昨年は、春の京都 無名舎でお聴きいただきたい作品をと考え、平家物語より「熊野」- 東の国の歌姫- 「敦盛」- 音楽の貴公子 – を制作・上演し、無名舎とうたまくらの世界が融合した幽玄の空間となりました。

7IMG_6973.jpg


また公演の前後は無名舎 京町屋雰囲気の中 お庭を眺めながらゆったりとした時間をお過ごし頂きたいとの歌枕の思いで、一階のお部屋でお茶をお召し上がり頂き、そしてそのお部屋には、吉田先生が、ご自身のコレクションより、江戸時代の熊野と敦盛の小袖を飾ってくださり、ご来聴くださったお客様より「至福の時を過ごさせていただきました。また、京都の奥深さを感じ驚嘆しました。」とのお言葉をいただきました。

IMG_6938.jpg IMG_6941.jpg


そして今年4月21日(日)22日(月)27日(土)28日(日)歌と語りの一人舞台「音絵巻」源氏物語—六条わたり公演では、京都ならではの作品を、より五感でお楽しみ頂けるようにと演出のこだわりもバージョンアップし、また今年も当日は、吉田先生のコレクション・数々の生活工芸品(江戸時代の小袖、焼物など)より、作品に合わせたものをさりげなくお部屋に飾って下さる予定です。その時、その場にしかない時間を、感動をお届けできると思っております。無名舎とうたまくらの世界が融合した幽玄のひとときをお楽しみください。

歌枕直美 春の公演情報> .......................................................................

歌枕直美 歌と語りの一人舞台「音絵巻」第3弾 
 源氏物語』六条わたり
 〜復活する女神−新たな神話がはじまる〜

IMG_3970.jpg
(画像をクリックすると拡大されます)

▶日時:2019年4月21日(日)22日(月)27日(土)28日(日)
    14時開演(13時半開場)
▶会場:京都伝統工藝館 無名舎 (京都市中京区新町通六角下ル六角町363)
=京都市指定「景観重要建築物」、国指定登録有形文化財=
▶入場料:歌枕直美友の会会員3,000円
一般3,800円(前売3,500円)学生2,800円(2,500円)
▶お申し込み・お問い合わせは…うたまくら06-6317-3873




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (79)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (181)
活動レポート (67)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (14)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (65)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (31)
うたまくら茶論 (4)
活動情報 (6)
プロデュース (8)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示