FC2ブログ
topimage

11月25日「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」レポート - 2018.11.26 Mon

スタッフの松田です。
11月25日堺能楽会館於「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」公演を開催致しました。
仁徳天皇・履中天皇を含む「百舌鳥・古市古墳群を世界文化遺産登録」へむけて活気づいている堺市にある堺能楽会館での公演でした。
第一部は「仁徳天皇に寄せて」
音楽がはじまり、幕が上がり、歌枕が1300年の時空を超えてやってきた赤人と共に橋懸かりから登場すると、会場は厳粛な空気につつまれ「仁徳天皇に寄せて」〜仁徳天皇にまつわるお話がはじまりました。難波の宮にいらっしゃった仁徳天皇(オオサザキ)は、後々 聖の天皇と言われた方で、人家のカマドから炊煙が立ち上がっていないことに気づいて民には租税を免除し、その間は自ら倹約をし宮殿の屋根の葺き替えさえしなかったという逸話、嫉妬深い皇后・磐之媛のお話、「カラノの舟」の出てくる木の魂のお話、オオサザキ(仁徳天皇)が亡くなっての息子たちによる後継者争いへと、赤人の進行とともに、歌枕が壮大な歴史物語を歌い語りました。能舞台に歌枕の生声が心地よく響き渡りました。

2IMG_2164.jpg

3IMG_2180.jpg 1IMG_2140.jpg


またオオサザキ(仁徳天皇16代)をはじめとし、イザホワケ(履中天皇17代)、ミヅハワケ(反正天皇18代)など、天皇の名前に鳥の名がついています。今回の歌枕の衣装は、不死鳥を思わせる様な華やかでエレガントな装いで、お客様より「能舞台、お話とぴったりで、歌枕さんのその神々しい姿に涙がでました。」などお声をいただきました。

そして第2部「やまとうた」では、『明日香風』からスタート。万葉歌の数々と歌枕のトークで、お客様と一体感のあるコンサートとなりました。『紫の恋』では、会場の皆様にも手を振っていただき、アンコールでは、『萌え出づる春』『カラノの舟』を会場の皆様とともに歌い、初めてお越し下さるお客様も多い中で、とても和やかな雰囲気となりました。

4IMG_1994.jpg

5IMG_2215.jpg 6IMG_2209.jpg


また今回は、歌枕直美音楽教室の生徒の皆様が、公演受付などお手伝いくださいました。

7IMG_2017.jpg 8IMG_2018.jpg 9IMG_2020.jpg

10IMG_2024.jpg 11IMG_2027.jpg 12IMG_2029.jpg


ご来聴いただきました皆様、ご協力いただきました皆様ありがとうございました。



9月22日(土)・23日(日)河内一之宮 枚岡神社於 『音絵巻』公演レポート - 2018.09.24 Mon

9月22日(土)・23日(日)河内一之宮 枚岡神社 秋分祭が執り行われる中、斎館にて歌枕直美 歌と語りの一人舞台『音絵巻』~平家物語より「熊野」「敦盛」公演2日目を開催。

1IMG_6483.jpg


チラシや新聞での案内をご覧いただいて、お知り合いに誘われてなどと、はじめてのお客様も大勢お越し下さり、また毎年の枚岡神社公演では、歌枕直美友の会 二上山・河内支部長の松田千恵さんに支えていただき、お陰様で、両日とも満席、大盛況の公演となりました。

2IMG_0861.jpg


枚岡神社 中東宮司より「日本は古事記の時代より、天皇家が脈々とつながる歴史を持つ国です。その日本の文化の元を知るには古事記神話に書かれ、受け継がれています。歌枕さんは、古事記万葉集、そして今回は平家物語と、日本の文化を音楽と美しい映像で紹介され素晴らしいと思います。」と、ご挨拶を頂戴いたしました。

3IMG_1126.jpg 4IMG_1220.jpg


お客様より「歌枕さんの音絵巻の世界に引き込まれました。」「敦盛では低音の魅力を感じ、今までにまして歌と語りの新境地を開かれたと感じました。」「衣装もとても素敵でした。」などの、お声をいただきました。

5IMG_0874.jpg 6IMG_0866.jpg 7IMG_0869.jpg


歌枕の2018年秋のコンサートの良いスタートとなりました。
最後になりましたが、枚岡神社 中東宮司様、皆様、大変お世話になりましてありがとうございました。



*歌枕直美 秋のコンサート情報...詳しくは、うたまくらHP

*11月25日(日)14時開演 於:堺能楽会館
歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜





4月7日(土)〜9日(月)京都・無名舎に於ける歌枕直美『歌絵巻』公演レポート - 2018.04.10 Tue

4月7日(土)〜9日(月)3日間にわたり、京都伝統工芸館・無名舎に於いて歌枕直美 歌と語りの一人舞台『歌絵巻』平家物語より「熊野」- 東の国の歌姫- 「敦盛」- 音楽の貴公子 – 公演を開催しました。
歌枕は、30年前20代の頃、はじめてご当主の吉田孝次郎先生と出会い生活の中での芸術のあり方、生き方などに影響を受け、今の自分自身の基盤があると語り、吉田先生のご協力により、昨秋に続き無名舎での公演が実現しました。

ご来聴くださる皆様に、公演の前後は無名舎 京町屋雰囲気の中 お庭を眺めながらゆったりとした時間をお過ごし頂きたいとの歌枕の思いで、1階のお部屋でお茶をお召し上がり頂きました。
そのお部屋には、吉田先生が、ご自身のコレクションにある作品を歌枕さんが選ばれ公演されるのも不思議なつながりだとおっしゃられながら、江戸時代の熊野敦盛の小袖を飾ってくださいました。

130221426_939276426233047_4611160768845772414_n.jpg 230440765_939276656233024_3644089761092316378_n.jpg


公演は2階で上演。
無名舎とうたまくらの世界が融合した幽玄の空間となりました。

7IMG_6973.jpg


吉田先生より
「歌はもちろんのことながら、語りが素晴らしく、また襖絵のような映像とともに綴る歌枕さんの平家物語を楽しませていただきました。歌枕さんの新しいページが開かれたと思いました。」と、お話しくださいました。

430581842_940303142797042_3695838712484760797_n.jpg 520180409.jpg


お越し頂いたお客様より
京都の町屋の中をゆったりと拝見させていただきながらあったかいお茶をいただいて、コンサートを聴くことができ贅沢な時間でした。」「衣装もとてもきれいで、音楽にも映像にもお部屋にもあっていて素敵でした。」などの、ご感想をいただきました。

また最終日には、歌枕が小さい頃、じゅん&ネネとしてテレビ歌っていらっしゃる姿を拝見していた、早苗ネネさんがお越し下さいました。ネネさんは2000年から和歌うたと題して百人一首などを歌っていらっしゃり、歌枕のことをインターネットで知り私より先に和歌を歌っているお若い方がいらっしゃると興味を持ってみて下さっていたそうで、「またいつかコラボができると嬉しいですね。」とお話しくださいました。

620180409.jpg


7日に放送されたNHK「ラジオ深夜便」を聴いて、公演にお越し下さったお客様も有り、新しい出会いが生まれた公演にもなりました。

ご来聴くださいました皆様、お寒い中ありがとうございました。
また最後になりましたが、多大なるご協力をいただきました無名舎 吉田先生、ありがとうございました。




10月28日(土)・29日(日)大阪・枚岡神社 斎館於 歌枕直美 歌と語りの一人舞台「アメワカミコ」公演レポート - 2017.10.30 Mon

スタッフの松田です。
10月15日京都・無名舎からスタートしました秋の新作公演 歌枕直美 歌と語りの一人舞台「アメワカミコ」は、28(土)・29(日)大阪・枚岡神社 斎館において無事に最終公演を終えることができました。

アメワカミコチラシ1


枚岡神社での公演は、歌枕直美友の会 二上山・河内支部の松田千恵支部長の応援により今回3度目の公演となりました。松田支部長よりのご紹介で地元で応援して下さる皆様方が多くお越し下さり、「今回も楽しみにお待ちしていました。」「素晴らしかったです。」と、お声がけ下さいました。
また斎館は、大正天皇の后・貞明皇后様がお休みになられたという特別な場所で、80年たった今年改装され、9月に竣工式を執り行われたばかりで、今回の歌枕の復帰公演でもある公演がこけら落としとなり、多重での記念の公演となりました。

201710301FullSizeRender のコピー


今回の公演は、どの会場も早い時期より皆様にお申し込みいただき満席での公演となりました。また週末ごとの京都・無名舎、浜松・宝林寺、そして大阪・枚岡神社と5公演を行いましたが、すべて雨の中、しかも台風も2つやってきての公演でした。歌枕によると、「それはアメワカミコの奇跡。天の神様 アメワカミコは、雷様なので、きっとこの公演を見届けに来てくれたと思います。」と昨日公演の最後にお話しておりました。まさにその通りで、公演が終了し、お客様お帰りの時間には空が明るくなり大変美しい夕暮れでした。きっとアメワカミコ様がお帰りになられたのだと思います。公演の中で歌枕がお話ししておりましたが、今回の作品「アメワカミコ」は、脚本・総監督の菅沼先生が、昨年 歌枕の入院中に書いて下さった脚本で、歌枕が退院の時、この作品を作曲し作り上げることをリハビリにしてくださいと贈られた作品で、今年の1月より作曲し作り上げた本格的復帰作品となりました。

2IMG_2541.jpg


また中東宮司より「大変素晴らしい公演で感動しました。究極の経験をして、いろんな気づきがあり、より良くなられたのだと思います。入院をし退院をすると、なんでもないと当たり前に思っている外の世界は、エネルギーに満ちあふれていることを感じます。これからは無理をせず螺旋階段を登る様に、魂を上昇させて行って下さい。」と、ありがたいお言葉を頂戴しました。
最後になりましたが、大雨の中をご来聴くだいました皆様ありがとうございました。






10月21日(土)、22日(日)浜松・宝林寺 方丈於 歌枕直美 歌と語りの一人舞台「アメワカミコ」公演レポート - 2017.10.23 Mon

スタッフの松田です。
21(土)・22日(日)浜松にある中国寺の宝林寺 方丈において、秋の新作公演 歌枕直美 歌と語りの一人舞台「アメワカミコ」を開催致しました。

1IMG_2323.jpg

2IMG_2328.jpg


宝林寺では8年前より、音の響きが素晴らしい仏殿での和歌劇や日本建築の方丈でのやまとうたコンサートを行ってきました。どちらも歌枕の音楽世界にぴったりで、浜松支部を中心とする東海地区のお客様が応援してくださっており、歌枕の第二の拠点でもある場所です。今回は、1年4カ月ぶりの浜松公演となり、東海地区の友の会の皆様が楽しみに待っていてくだいました。

3IMG_2319.jpg


公演の始めに関塚住職が、伝統や文化を受け継いで行くことの大切さについてお話しくださり、歌枕さんは音楽作品を通して伝えて行くという重要な役割を担われているとお話しくださり、公演がはじまりました。新しい形式での歌枕直美 歌と語りの一人舞台「アメワカミコ」は、この方丈の佇まいにぴったりの舞台で、格調高い雰囲気つつまれました。

4IMG_2333.jpg 5IMG_2336.jpg 6IMG_2334.jpg


公演終了後は、友の会の皆様が歌枕にお声をかけてくださり、感動のご対面。また2日目は、台風が迫る中での公演となりましたが、東海地区の皆様、そして大阪からも、応援にお越しくださり無事に終了することができました。
いよいよ今週末は、28日(土)・29日(日)大阪・枚岡神社での「アメワカミコ」最終公演へと続きます。


歌枕直美秋公演 歌と語りの一人舞台「アメワカミコ」........................

アメワカミコチラシ1 (画像をクリックすると拡大されます。)
◆公演スケジュール
  =満席=10月28日(土)14:00開演 枚岡神社(大阪府東大阪市)
  =満席=10月29日(日)14:00開演 枚岡神社(大阪府東大阪市)
◆公演詳細は…うたまくらコンサート情報「アメワカミコ」
◆お申し込みは…うたまくら(06-6317-3873)




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (74)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (179)
活動レポート (65)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (13)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (56)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (10)
コンサート案内 (22)
うたまくら茶論 (2)
活動情報 (2)
プロデュース (7)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示