FC2ブログ
topimage

「うたまくら30周年にむけて」vol.13〜共同通信全国配信記事「明日へのラブレター」〜 - 2020.08.10 Mon

スタッフの松田です。
1997年に音楽で綴る万葉集「みやびうた」CDのリリース以後、1年半ごとに新しいアルバムのリリース。その間、各地での万葉コンサートの活動が広まってきました。
その中、楽器の仕事関係より、奈良県磯城郡川西町の教育委員会(川西文化会館)では、コンサートや催しを工夫され独自の企画をされており、また地域の方々が勉強をされて催事のボランティアスタッフとして活躍、地域の皆様との連携でされているとのお話で、当時の松本教育長さんをご紹介いただきました。さっそく歌枕のCDを持ちお伺いしましたところ、歌枕の新しい音楽、その独自性、制作にかける思いを感じてくださいました。また、川西町は、観世能額の発祥の地で、役場の中庭に黒大理石でできたモニュメント(能舞台)があり、お月見の時期に風を感じながらの野外コンサートはどうかとのお話になり、すぐにコンサートが決定。当日は、ボランティアスタッフの皆様が念入りに準備、野外の黒大理石能舞台に薪能のようなかがり火、そして薄など秋の花で飾られていましたが、あいにくのお天気で急遽ホールに移動しての屋内コンサートとなりました。川西町のスタッフの皆様も、歌枕はじめとする私たちも、気持ちを合わせての準備をしてきたため、とても残念でしたが、コンサートは大成功で、その気持ちが来年こそは!との思いにかわり、1年後にもう一度とのチャンスが生まれました。

その時期と合い重なって、2ndアルバム「明日香風」リリースのニュースレリースをご覧下さった共同通信社 奈良支局の中原唯史記者が、歌枕の音楽、活動、生き方に大変興味を持って下さり、1回の商品地域記事ではなく、歌枕さんの活動をいろいろと取材し、全国配信記事として紹介したいとのお申し出をいただきました。その後、大神神社でのご奉納演奏、吹田での茶論コンサート(現在の「やまとうたコンサート」の前身)など1年をかけて歌枕を追ってくださり、その最終として、2年目のチャンスとしてつながった奈良県磯城郡川西町 川西文化会館 能の庭での「つくよみコンサート」(2000年9月9日)の取材となりました。
当日は、開演直前の雨雲で、一旦開演を遅らすという不安も出ましたが、なんとかお天気は持ちこたえ、関わる人たち皆の気持ちが天に通じ、感動的なコンサートとなりました。お客様のお帰りには、きれいなお月様も顔を出していました。

IMG_3401.jpg

共同通信社 全国配信記事「明日へのラブレター」2000年10月1日静岡新聞)
*記事をクリックすると拡大されます。


共同通信社の全国配信記事は、奈良新聞ほか全国の地域新聞20数社に掲載され反響を呼びました。その中でも一番大きく静岡新聞に取り上げられ、この記事から、歌枕の生涯賭けての活動となる出会いへと繋がって行きます。また、川西町の皆様とも大きな絆が生まれ、また数年後の公演も実現し、今振り返ると歌枕の1回1回にかける思いが人の心をつなぎ、次へのバトンをつないでいっていることを感じます。



「うたまくら30周年にむけて」vol.12〜歌枕プロデュース 西川医院オリジナル「月の舟」CD〜 - 2020.07.20 Mon

スタッフの松田です。
歌枕の大切なCD「月の舟」が出来るきかっかけとその後のご縁について、ご紹介いたします。
1997年3月初版盤「音楽で綴る万葉集〜みやびうた」CDをリリースし、大型CDショップに並らび、リスニングにも入れていただく事ができました。その中の大阪日本橋にあるショップで、「みやびうた」CDを、大阪にある産婦人科西川医院西川正博院長が見つけ、ご試聴くださり、ピン!と感じてくださった。そして、CDの中から『天の鶴群』(遣唐使の母が我が子を思う歌)を、毎日、病院の消灯時間に流してくださっていたそうです。その時は、私たちはまだ病院で流れている事をしりませんでした。

IMG_3735.jpg

西川医院 オリジナルCD「月の舟」)*詳細は、うたまくらHP・ショップにて


それから数年後、赤ちゃんが生まれてはじめて聴く音楽(CD)を、作ってくださいとのご依頼をいただきました。西川医院では、赤ちゃんが生まれてすぐにお母様とのスキンシップ・カンガルーケアーの時間を過ごされており、その時に流す1時間の音楽をとのことで、西川先生と歌枕が相談しながら制作し、『月の舟』CDが誕生しました。

m1.jpg

(2011年6月26日「命の誕生コンサート」)


そして、西川先生プロデュースの「命の誕生コンサート」にも参加させていただきました。「命の誕生コンサート」は、西川院長自らプロデュース、台本を手がけられ、命の尊さ、人間の愛情を、音楽、映像、詩、手遊びなどで、構成されていました。愛いっぱいの人に勇気と元気を与えるコンサートで、大阪人の西川先生ならではの、愛と感動の中にも、笑いがちゃんと盛り込まれていいました。出演者は、西川医院のスタッフの皆様、そして西川医院にご縁のある皆様で、歌枕は、「月の舟」に挿入されている「萌え出づる春」「子をおもう歌」「天の鶴群」を歌わせていただきました。

IMG_9009.jpg

(2017年6月16日「うたまくら25周年記念歌枕直美コンサート」 於:大阪倶楽部)


その後も、西川先生はじめ、西川医院の皆様が、歌枕のコンサートにお越し下さり、縁を深めています。



「うたまくら30周年にむけて」vol.11〜人生の師匠との出会い - 2020.07.13 Mon

スタッフの松田です。
前回ご紹介をした歌枕直美友の会(元:歌枕直美の活動を応援する会)の上島名誉会長が、いろんな所で様々な方々に歌枕の「万葉コンサート」「歴史的建築でのコンサート」、また歌枕の歴史文化に対する考えなどのお話を広めてくださり、それがつながっていき近畿各地に残る庄屋屋敷や酒蔵においてコンサートを実現して行く事ができました。日本間や、蔵、土間など、日本建築の空間を活かしたコンサートとなり、大変好評をいただきました。

その中の一つ、大阪交野にある「大門酒造」さんでのコンサートの時に、特別講演をされていた伝承料理研究家の奥村彪生先生との出会いがあり、歌枕の万葉の歌にとても感動してくださいました。それ以来、奥村先生はご自身の講演会の最後に、歌枕の万葉歌を歌って下さるなど歌い広めてくださり、歌枕のことを「万葉歌の師匠」と呼んでくださっています。歌枕自身も奥村先生の料理のみならず、考え方、生き方に大変共感しており、経験に基づくたくさんのお話をお伺いし学ばせていただいているといつも話しています。


20120802なら

(2010年 奈良・登大路ホテル 史の会)

f0183791_12162433.jpg

(2011年 奈良・薬師寺 木魂忌)


出会いから約20年、奥村先生の講演会、歌枕の万葉コンサートなど、さまざまな場面で特別版「紫の恋」として奥村先生扮する大海人皇子と歌枕の額田王の相聞歌をご披露しています。

また、歌枕直美の友の会情報誌「うたまくら草子」対談にも、2002年の白黒版の時から、節目節目にご登場くださっています。いろいろな活動の場面で、人生の師匠と呼べる方との貴重な出会いがあり、その時期時期でお聞かせいただくお話やお言葉が今の歌枕を支えとなり、そして今なお継続しています。

IMG_3715.jpg

「うたまくら草子」〜歌枕の心から語りたい〜 伝承料理研究家の奥村彪生先生との対談  
第15号(2002年)第42号(2009年)第62号(2015年)
第68号(2018年)第69号(2018年)第70号(2019年)
*各号をクリックしていただくと、うたまくらHPより対談記事をお読みいただけます。*





「うたまくら30周年にむけて」vol.10〜 “数々の万葉名曲誕生”と“歌枕直美の活動を応援する会”発足〜 - 2020.06.29 Mon

スタッフの松田です。
1997年3月24日音楽で綴る万葉集「みやびうた」CDを発表後、全国でのコンサートを行い、その中で、兵庫県加古川ウェルネスパーク・アラベスクホール1周年記念コンサートでは、「印南野の月」、奈良県立橿原文化会館 主催コンサートでは「大和三山」、富山県高岡市万葉歴史館10周年記念コンサートでは「春の苑」と、そのご当地にちなんだ曲を制作・発表。またオリジナルCDも2nd「明日香風」3rd「あさね髪」4th「カエリー」と、1年半に1枚のペースで、順にリリースしていき、数々の万葉集の名曲が誕生していきました。

IMG_3496.jpg

(歌枕直美オリジナルCD 音楽で綴る万葉集シリーズ)

★歌枕直美オリジナルCD詳細は、うたまくらHPにて★


そうして活動が深まり、充実して行く中で、多くの応援して下さる方々に出会う事ができ、「歌枕直美の活動を応援する会」(現:歌枕直美友の会)を、現:歌枕直美友の会の名誉会長である上島朱實さんを中心に立ち上げてくださいました。そして、応援する会の皆さんが、各地の酒蔵や万葉ゆかりの施設等にコンサート開催のお声掛けをくださったり、主催コンサートでの受付等のボランティアスタッフを務めてくださるなど、現在に至るまで暖かい支援をいただいています。

その会報誌として、「うたまくら草子」を発刊することになり、歌枕達ての願いで、奈良教育大学名誉教授の脇田宗孝先生に素晴らしい題字を書いていただきました。

IMG_3490.jpg IMG_3486.jpg

(うたまくら草子題字)     (2000年3月明日香村の脇田先生ご自宅にて)

★うたまくら草子5号(2000年5月) 脇田宗孝先生対談★


「うたまくら草子」記念すべき第1号は、1999年8月20日に発行。年3回発行し、巻頭ページは、歌枕の尊敬する方々との対談コーナー、そして中面には、会員の皆様の熱い思いと旬のコンサート情報などでお届けしており、次号で75号(2020年9月1日号)となります。読み返してみると、皆様からの貴重なお言葉・メッセージが綴られており、感動と20年間の重みを感じます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_3498.jpg

(歌枕直美友の会会報誌「うたまくら草子」)

★うたまくら草子バックナンバー「対談」「会員メッセージ」を、うたまくらHPに掲載中★




「うたまくら30周年にむけて」vol.9〜万葉集を現代のメロディーにのせて歌うソプラノ歌手 歌枕直美〜 - 2020.06.22 Mon

スタッフの松田です。
1997年3月24日歌枕のオリジナル作品 音楽で綴る万葉集「みやびうた」CDを発表して以来、「万葉集を現代のメロディーにのせて歌うソプラノ歌手 歌枕直美」と、大阪・奈良をはじめとして、滋賀、兵庫、和歌山、徳島、岡山、岐阜、長崎、山梨、東京と、数年間で全国に活動が広がっていきました。

IMG_3407.jpg

(1997年〜2002年各地でのコンサート案内)*画像をクリックすると拡大されます。

主な出演依頼:うたまくらHP


また、歌枕の「みやびうた・万葉コンサート」は、コンサートホールのみでなく、神社仏閣、酒蔵などの歴史的建築でのコンサート、そして文化講演会や記念式典、周年事業、歴史や環境などのフォーラムやシンポジウムなどの中でのコンサート依頼もいただきました。万葉集にうたわれた現代とかわらぬ人の心、自然の讃美を、歌枕がさまざまな行事のテーマに合わせてのコンサートを行い、大変好評をいただきました。

IMG_3409.jpg

(1999.11.12 大垣市スイトピアセンター 唄と琵琶で綴る万葉・関ヶ原)

IMG_3414.jpg

(2002.11.15 伊丹アイフォニックホール 伊丹ユネスコ20周年記念「みやびうたコンサート」)



文化講演会やフォーラム・シンポジウムなどでは、演奏とともに講演者やパネラーとして、文化人や学者先生方と共に出演。少しご紹介いたします。


*シルクロード文化フォーラム シルクロードと万葉集

IMG_3396.jpg IMG_3397.jpg

(1999.2.22 東京・ヤクルトホール)*画像をクリックすると拡大されます。



*シルクロード文化フォーラム シルクロードの女王国パルミラ

IMG_3402.jpg

(2000.2.17 東京・イイノホール)*画像をクリックすると拡大されます。



*国土交通省近畿地方整備局 みち対談 古代の「美知」への想い

IMG_3399.jpg

(2002.1.30 奈良・菊水楼にて対談)*画像をクリックすると拡大されます。



*企業の商品発表会での演奏依頼

なら100年会館で行われた奈良トヨタ自動車の新車発表会にて、歌枕がオープニング演奏を務めさせていただき、その後「能」。そして「伝統と革新の融合」をテーマとした新車が登場しました。そのテーマが、歌枕の作品と共通を感じ、とても印象的でした。

IMG_3398.jpg

(1999.10.27 なら100年会館「奈良トヨタ自動車 新車発表会」)
*画像をクリックすると拡大されます。


このように活動が広がっていく中で、「歌枕さんは、万葉集の秀歌に音楽性の高い響きによって命を吹き込んでいく。万葉のファンにとどまらず、全国にネットワークが広がっていっている。」との評価をいただきました。また、諸先輩方との貴重な出会いがあり、それが今の歌枕の礎となっていると思います。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (73)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (38)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (3)
うたまくら30周年にむけて (13)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示