FC2ブログ
topimage

11月4日「茶論やまとうたコンサート」レポート - 2018.11.05 Mon

スタッフの松田です。

昨日11月4日うたまくら茶論「やまとうたコンサート」=歌枕直美友の会会員制=を開催。歌枕は今月の物語に合わせた女王の風格のする秋色のドレスで登場しました。

1IMG_1679.jpg


今月は『メドリとハヤブサワケ』を上演。物語は、オオサザキ(仁徳天皇)は、女鳥王の治める国を征服しようと軍勢を送り戦いとなり、女鳥王の軍は途中で部下の裏切り遭い追ってに道を阻まれます。そんな絶望的な状況の中、手に手を取り合って山の中を進む女鳥王とハヤブサワケの心は硬く結ばれ、希望はなくても共にいることが幸せだと歌う、感動的な究極の愛の讃歌で締めくくりました。歌枕の「メドリとハヤブサワケ・愛の讃歌」を聴くと、メドリとハヤブサワケの2人に感情移入してしまい、今までならオオサザキ(仁徳天皇)は憎き敵でなんて酷い天皇だと思いましたが、この1年をかけて仁徳天皇の様々な面を物語よりその時代背景を知ることで、片方の立場や一面では語れないということを学びました。

いよいよ11月25日 堺能楽会館於 開催の「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇に寄せて〜では、仁徳天皇にまつわる興味深いお話の総集編となります。
ご参加の皆様からは、「いつも何気なく思っている地元の神社や地名が物語の中に出てきていて、古代から続く歴史があることを感じます。」「11月25日地元の人たちに聴いてほしいです。」など公演へむけて歌枕へエールを送ってくださいました。

2IMG_1712.jpg 3IMG_1716.jpg 4IMG_1719.jpg


コンサート後の歌枕オリジナルメニューでの食事会では、「柿の白和え」「きのこのスープ」「ミニハンバーグと蒸し野菜」「黒豆おにぎり」など、秋の彩り豊かな野菜を使ったお料理を美味しくいただきました。



■公演情報................................................................................................

歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜
やまとうた11月公演チラシ_ページ_1 やまとうた11月公演チラシ_ページ_2
(チラシ画像をクリックすると拡大されます)

日時…11月25日(日)開演:14:00 開場:13:30
会場…堺能楽会館(大阪府堺市堺区大浜北町3−4−7−100)
*詳しい情報・お申し込みは…うたまくらHPコンサート情報




9月2日茶論「やまとうたコンサート」レポート - 2018.09.03 Mon

スタッフの松田です。
昨日9月2日うたまくら茶論「やまとうたコンサート」=歌枕直美友の会会員制=を開催。
歌枕の秋のコンサートのスタート日でもあり、友の会の重鎮の皆様がお集まりくださいました。
歌枕は、秋らしい色合いの衣装で登場し、「仁徳天皇 後日談その1」仁徳天皇亡き後の勢力争いに巻き込まれたシビと影媛の物語を上演。久し振りに聴くシビの葬列の歌は、影媛の深い悲しみとシビを思う気持ちが静かに心に響きました。

1IMG_0858.jpg


また今回は、衣装スタッフの阪本さん、岡本さんもご参加くださり、11月25日堺能楽会館に於ける「やまとうたコンサート〜仁徳天皇に寄せて〜」にむけて衣装を制作中で、その意気込みをお話しくださいました。本格的な能舞台で、歌枕がどのような衣装で登場するかは、その日のお楽しみです。

2IMG_0549.jpg 3IMG_0830.jpg


コンサート後の歌枕オリジナルメニューでのお食事には、浜松に伝わる「おから寿司」を歌枕流にアレンジして登場。いなり寿司ならぬおから寿司、お客様より「初めて!ヘルシーで美味しい!」と好評でした。

4IMG_0557.jpg


お食事中も、秋の数々のコンサートの話題や来年春の公演作品についてのお話などで盛り上がり活気ある時間となりました。次は、9月22日・23日 枚岡神社於「音絵巻」〜平家物語より〜公演です。


歌枕直美 秋のコンサート情報...詳しくは、うたまくらHP

*9月22日(土)・23日(日)14時開演 於:枚岡神社斎館
歌枕直美 歌と語りの一人舞台「音絵巻」〜平家物語より

*11月25日(日)14時開演 於:堺能楽会館
歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜





8月5日「茶論やまとうたコンサート」レポート - 2018.08.06 Mon

スタッフの松田です。
昨日、8月5日「茶論やまとうたコンサート」を開催しました。
猛暑の中を、16歳から81歳までの幅広い層の会員様がお集まりくださり、熱い熱いコンサートとなりました。
歌枕は、古代女王を思い起させる様な衣装で登場し、「仁徳天皇物語」第6部の上演を行いました。

7IMG_0756.jpg


今回は、仁徳天皇がお亡くなりになられた後の後継者争いのお話でした。
脚本の菅沼先生より、今回のお話の中でイザホワケ(履中天皇)が逃げる経路の地名が出てきましたが、そこには仁徳天皇を支えた一族がいたというお話をお伺いしました。
コンサート後、歌枕がご参加の皆様をご紹介しながら、今回のお話の逃げ延びる道の主要地点、土師ノ里、二上山へ、当麻、石上とたどって行くと、ご参加の皆様のお住まいや出身地などが多くありました。二上山・河内支部長の松田千恵さんは二上山の近くで生まれ育たれたので「物語に出てきた、安全な道を教えた子供は、実は私なんですよ!菅沼先生、登場させてくださってありがとうざいます。」(爆笑)…。皆様、祖先を辿っていくと仁徳天皇を支えた一族の末へかもしれませんね。

2IMG_0773.jpg


また今月は、伝承料理研究家の奥村先生もご参加くださり、歌枕とともに「紫の恋」を熱唱くださいました。今年の「うたまくら草子」対談は、3号連続で奥村先生にご登場いただく予定で、8月中旬発行号の対談裏話等も飛び出しました。

3IMG_5621.jpg


コンサート後のお食事は、今月も会員の伊藤紘一郎さんが作ってくださったお野菜をたくさん使った歌枕の創作料理を楽しみながら、秋の公演のお話や、参加して下さった若者たちへむけての諸先輩方からのメッセージ等、世代を越えて盛り上がりました。

4IMG_5530 のコピー 6IMG_9795.jpg



歌枕直美コンサート情報...詳しくは、うたまくらHP

*9月22日(土)・23日(日)14時開演 於:枚岡神社斎館
歌枕直美 歌と語りの一人舞台「音絵巻」〜平家物語より

*11月25日(日)14時開演 於:堺能楽会館
歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜




7月8日「茶論やまとうたコンサート」レポート - 2018.07.09 Mon

スタッフの松田です。
7月に入り大雨が続きましたが、昨日 久し振りに青空が広がる中、7月「茶論やまとうたコンサート」開催。
歌枕は青空の様なブルーの衣装で、爽やかに登場しました。

IMG_9301.jpg


今月も歌枕直美友の会の重鎮の皆様がご友人、ご家族とともにご参加くださり、歌枕より「今日は、まるでうたまくらのお盆のようで嬉しいです。」とのお話でスタート致しました。
今年の茶論やまとうたコンサートでは、11月25日堺能楽会館での公演にむけて、世界文化遺産候補の一つとなっている仁徳天皇陵の仁徳天皇にまつわる物語を上演しています。
今月は「仁徳天皇第5部」仁徳天皇の時代に和泉の国で新しい方法での焼き物スエキ(陶器)作りがはじまり、その器でお酒を造ったというお話でした。

IMG_9249.jpg IMG_5070.jpg

IMG_5095.jpg IMG_9256.jpg


また今回も、大阪の柏原や羽曳野などに現在も残る地名やゆかりの地が登場し、参加者の皆様の地元と毎回どんどんつながっていきます。「茶論でのコンサートに参加して、点と点が線につながり、よりその土地への深みを感じる様になってきました。」などのご感想をいただきました。

IMG_9285.jpg


またコンサート後半では、「仁徳天皇第3部」のお話“カラノの舟”を全員で合唱。沖縄にお住まいの桃原さんもお子様と一緒にご参加くださり、一緒に歌って下さいました。生まれた時からCDで歌枕の歌を聴いて下さっているそうです。11月25日堺能楽会館於 歌枕直美「やまとうたコンサート〜仁徳天皇によせて〜」にむけて、皆様とともに盛り上がりました。
コンサート後のお食事は、うたまくら農園と呼ばせていただくほど、いつも新鮮野菜を作ってくださる伊藤さんのお野菜を中心とした夏のポトフで、そして沖縄からのおみやげのスイカも美味しくいただきました。

IMG_9347.jpg IMG_9351.jpg


歌枕直美コンサート情報...詳しくは、うたまくらHP

*9月22日(土)・23日(日)14時開演 於:枚岡神社斎館
歌枕直美 歌と語りの一人舞台「音絵巻」〜平家物語より

*11月25日(日)14時開演 於:堺能楽会館
歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜






6月3日茶論「やまとうたコンサート」レポート - 2018.06.04 Mon

スタッフの松田です。
6月3日茶論「やまとうたコンサート」を開催しました。
今年の茶論やまとうたコンサートでは、11月25日堺能楽会館での公演にむけて、世界文化遺産候補の一つとなっている仁徳天皇陵の仁徳天皇にまつわる物語を上演しています。
今月は「仁徳天皇第4部」〜磐之媛〜のお話。今日の歌枕は、磐之媛の意志の強い女王を思わせるような高貴な紫色のドレスで登場しました。

1IMG_4644.jpg


磐之媛は、天皇が宮中にほかの后を迎え入れることに反対し困らせた気性の激しい嫉妬深い女性として伝えられています。そして実家のある葛城へ帰り、仁徳天皇の説得にも応じず難波宮には帰らなかったそうです。
菅沼先生より、その葛城の一族は、石にまつわる仕事に携わっていたとのことで、その関わりから、磐之媛という名前はそこから来ているのではないかと思われます。蘇我馬子、入鹿も葛城一族で、飛鳥などにのこされた石舞台古墳や猿石なども、葛城一族によるものではないかとのお話をお伺いしました。

2IMG_8764.jpg 3IMG_4645.jpg


上演後は、歌枕がご参加の皆様のご紹介をしながら、ご感想をお伺いしました。それぞれお住まいの土地と仁徳天皇や磐之媛ゆかりの場所がかかわりがあり、「歌枕さんの作品を通して、なんとなく身近だったものをより深く知ることができて嬉しいです。」等のご感想をいただきました。

4IMG_8736.jpg 5IMG_4625.jpg


また今回は、歌枕直美音楽教室の生徒様で小学生の時より「やまとうた」を歌ってくださっている今年大学生になった原田さんがご参加くださり、歌枕より「2000年生まれの原田さんですが、年齢ではなく心が通じる方です。」とご紹介させていただきました。歌枕の音楽世界を通して、世代を越えて共感し会話ができるのも、歌枕のうたまくら茶論ならではだと感じます。

6IMG_8829.jpg 7IMG_8833.jpg



コンサート後の食事会では、歌枕がビーツを生かして作ったオリジナル料理の自然の色の美しさに驚き、また優しいお味が美味と好評をいただきました。そして関西の歴史深さと地元の誇り、秋公演にむけてのお話で盛り上がりました。

歌枕直美コンサート情報...詳しくは、うたまくらHP

*9月22日(土)・23日(日)14時開演 於:枚岡神社斎館
歌枕直美 歌と語りの一人舞台「音絵巻」〜平家物語より

*11月25日(日)14時開演 於:堺能楽会館
歌枕直美「やまとうたコンサート」〜仁徳天皇によせて〜





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (73)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (179)
活動レポート (65)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (13)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (55)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (9)
コンサート案内 (21)
うたまくら茶論 (2)
活動情報 (2)
プロデュース (7)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示