FC2ブログ
topimage

和歌劇「姫たちの伝言」5月公演 と 石上神宮ご奉納演奏を終えて - 2011.05.24 Tue

スタッフの松田です。
すべての公演が多くの皆様にご来聴いただき無事に終えることができました。ご来聴くださいました皆様、いろんな形で支えてくださった皆様ありがとうございました。村瀬レポーターが、静岡、奈良公演共に、完璧なレポートを書いて下さっておりますので、私は少し隙間話?裏話?内輪話?をご紹介させていただきたいと思います。

浜松 初山 宝林寺
浜松での公演は、和歌劇の誕生よりはじまりもう10年になります。
はじめは脚本・総監督の菅沼先生の菅沼医院でのメセナコンサートで全席ご招待とういう形でスタートしました。年に一回公演を継続していく中で、お客様より「歌枕さんの公演は、有料公演にするべき、こんなに素晴らしい公演を無料ではいけない。」とのお声をいただき、その後、お一人、お一人と、「歌枕さんの和歌劇を、多くの方に知っていただけるように宣伝活動を手伝わせてください。」とお申し出をいただき、今では応援する会浜松支部として有志の方々の協力態勢で、公演の宣伝活動からチケット販売までを積極的に行ってくださり、年2回の浜松公演の実現に大きなご協力を頂いています。また、当日は会場設営から受付までをお手伝下さっています。

        h1.jpg 
        応援する会の皆様 何やら作戦会議中

今年は、3月の東北・関東大震災の影響を受け、会場となる宝林寺のある奥浜名湖には観光客が激減しており、お客様にお越しいただけるのかと奥浜名湖観光連絡協議会の事務局長様にもご心配をいただいておりましが、当日、リハーサルの終了直後の早い時間より、開場を待ってくださるお客様の列を拝見し、感動と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

        h2.jpg



●石上神宮ご奉納演奏
13年前に歌枕が1枚目のアルバム「みやびうた」を制作し、はじめにできた1曲が「三輪山」でした。そして「三輪山」の曲を、三輪山がご神体である大神神社でご奉納演奏をさせていただきました。その当時より、大神神社にいらした神職の森様が、昨年11月、石上神宮に変わりましたとのご連絡をいただきました。実は今回、古事記ゆかりの石上神宮にてご奉納演奏させていただきたいと歌枕が思っていたところでしたため、本当に驚きました。偶然か必然か・・・これも「縁(えにし)」としか言いようがない・・・と、すぐに森様にご連絡をしご奉納のお願にお伺いしました。なんとも不思議な絶妙のタイミングではじまりました。
そして、和歌劇「姫たちの伝言」公演は、石上神宮の近くで行いたいと、ホールを探して天理文化センターにて行うことに決まり、うたまくら草子にて皆様にご案内させていただきましたところ、一番にご連絡を下さったのが、同じく13年前より大神神社にいらした神職の堀内様でした。三輪の神様のお導きだと思いました。
そして石上神宮でのご奉納演奏。歌枕が「スサノヲ」「影媛」「潮薫る国へ」とニューアルバム『言の葉』より演奏させていただいていると3曲目「潮薫る国へ」の途中で、さぁ~と風が吹き、神様が聴きにいらっしゃっていると思いました。

        h3.jpg
 

 
●天理文化センター公演
歌枕がコンサートはじめのごあいさつで、「今日は13年間を感じるコンサートです」と、先ほどの大神神社のお話、そして一回目のコンサートより応援してくださっている応援する会会長の上島様をご紹介させていただいておりましたが、13年間ずっと応援してくだ去っている方、その後、いろんな場面で出逢い応援してくださっている方、お久しぶりの方、今回初めての方と、13年の歴史を感じる皆様にお越しいただいての公演となり、会場は活気はあるけれど落ち着いていいて、その雰囲気に感慨無量でした。

        h4.jpg




               ◆ お客様のご感想 ◆

・5月14日、15日 静岡浜松市 初山 宝林寺 公演
・5月21日 奈良県 石上神宮ご奉納演奏 と 天理市文化センター 公演

公演当日にお客様にご記入いただきましたアンケートの中より、ご感想をご紹介させていただきます。


        h5.jpg


★目の前に風景や登場人物が見えるようでした。名作映画を見ている錯覚にとらわれました。日本の国の豊かさを感じました。

★今回6回目です。素晴らしいの一言です。耳で、脳で体で、心で感じました。どうしてあんなにスバラシイ声がでるのでしょうか。またぜひ浜松に来てください。

        h6.jpg


★公演の途中にうぐいすの声が聞え、本当になんとも言えない世界にいる様でよかった。歌も物語も素晴らしかった。

★日本の国の格調高さを感じました。


        h7.jpg


★歌枕さんの語りがやさしく、時に強く響き渡り良かったです。歌は古事記和歌ということもあり私には難しかったですが、宝林寺の音響の効果とともに、歌枕さんの美しく伸びる歌の世界に引き込まれました。


        h8.jpg


★石上神宮において、静寂の中、木漏れ日の中、雰囲気満ちている中、夢の中、古への誘いありがとうございました。
公演では、非日常へ連れて行っていただきました。声質も雰囲気もぴったりで、古代の情景を楽しむことができました。
以前、購入した「みやびうた」CDを目の不自由な方に聴いていただいています。とても好評です。

        h9.jpg


★奈良天理で大和の国の物語を聞き、昔をしのぶことができ、とても気分良く過ごさせて頂き、感謝いたしております。

★「サホ姫の物語」のサホの苦悩を思うと心が張り裂けそうになりました。内容が盛りだくさんで、聴きごたえがありました。歌枕さんの歌はもちろんのこと、映像と照明も素晴らしく、特に衣装に映りこんだ映像に見とれました。

皆様、ご協力ありがとうございました。




歌枕直美 ニューアルバム
~歌い伝える日本の心の物語~「言の葉
 

   5.jpg

歌枕直美CDのお申し込みはこちらより








NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (72)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (179)
活動レポート (61)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (13)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (54)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (9)
コンサート案内 (19)
うたまくら茶論 (2)
活動情報 (2)
プロデュース (7)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示