topimage

6月24日茶論「金曜の夜コンサート」レポート - 2011.06.28 Tue

スタッフの松田です。
「金曜の夜にコンサート」はお客様参加型でのコンサートです。
毎回、歌枕がご参加くださっているお客様全員をご紹介し、お客様の演奏あり、スピーチあり、時にはかくし芸のご披露ありと・・・歌枕が皆様の秘められた才能に火をつけているような感じがいたします。皆様、最近では、歌枕の万葉や和歌劇の歌を皆様が歌ってくださっており、めきめきと成果をあげておられます。

さて、今回もお客様のいろいろなご披露がありましたが、その中でも印象深かったのが、
皆様が選曲し、歌枕のピアノ伴奏で歌ってくださる万葉の歌です。
奥村先生をはじめとした、男性陣の万葉歌の競演となりました。

 g1.jpg g2.jpg g3.jpg

葉山さんの「立山の賦」は、さわやかにりりしく、原田さんの「近江慕情」は、情緒的に
そして奥村先生の「三輪山」は、新解釈で長歌は額田王の女歌、反歌は天智天皇の男歌との解釈で、女歌と男歌を見事に歌い分けられ、皆様、大曲を熱唱してくださいました。

            u1.jpg

皆様の演奏の後は、歌枕の演奏で「天の鶴群」「萌え出づる春」。
遣唐使の母の歌「天の鶴群」は、前回の記事でもご紹介しましたが、大阪の産婦人科西川医院の西川院長先生との出会いにつながった曲です。1000年以上経っても変わらぬ母の思い・・・「親が子を思う思いは、無償の愛だと思います。」と歌枕が話していました。
茶論での「萌え出づる春」は、歌枕はみんなで歌えるようにと、途中から一緒に歌ってくださいと・・・、最近ではみんなが一緒に歌えるようになってきました。
そして最後に「梅と宴」で乾杯をし、宴会へのオープニングとなりました。


◆本日の歌枕オリジナルディナーは、

*ごまどうふとじゅんさい葉わさび
濃厚なごまどうふの味とこのじゅんさいのつるんとした触感がとてもよく、本当に夏に嬉しい前菜で、暑さ疲れがふっとび、食欲が湧いてきました。

             r1.jpg


*白いんげん豆のミネストローネスープ
大地の恵みの具だくさんスープで、大変美味しくいただきました。
             r2.jpg


*豚冷しゃぶ
ごまだれドレッシングがとても美味しくて、たくさんの野菜といっしょにいただきました。
             r3.jpg


*奥村先生差し入れ 鶏のから揚げ&小かぶのソテー柚子こしょうにて
奥村先生特製のソースがからめてある唐揚げで、濃厚だけどさっぱりしていました。
このソースは、先生の新作らしく、キムチをつけるのに使われているエビ?が隠し味に入っているそうです。また、つけあわせの小かぶの柚子こしょうが、絶妙で、はまってしまう味です。
             r4.jpg


*鯖みそと南高梅ののり巻き
巻きずしではなく、のり巻きなんですが、鯖みそと南高梅の相性がよくてとても美味で、いくつでも食べられます。
             r5.jpg


*宇根千津恵さん(5月)お誕生日ケーキ レアチーズケーキ
歌枕の手作りお誕生日ケーキは、宇根さんのイメージ通り、色白でさわやかなレアチーズケーキでした。
             r6.jpg


今回も至福の時間を、心身ともに楽しませていただきました。ぜひ皆さんもご参加くださいませ。




歌枕直美 ニューアルバム
~歌い伝える日本の心の物語~「言の葉」 

   5.jpg   好評発売中!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (72)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (179)
活動レポート (61)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (13)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (52)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (8)
コンサート案内 (13)
うたまくら茶論 (2)
活動情報 (2)
プロデュース (7)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示