FC2ブログ
topimage

6月20日・21日岩国コンサートレポート - 2014.06.23 Mon

スタッフの松田です。
歌枕がいつも「広い世界の中で、日本の中で不思議と縁のある場所・土地がある」と話しております。それが世界で言うとポーランドであり、日本でいうと浜松など、そして岩国もその土地のようです。

110488391_295878960572800_7693649349747377767_n.jpg


うたまくらピアノ工房で新生をしたフッペルピアノ。
歌枕自身が、特攻隊の記念館に行って、衝撃をうけたことから、今の記紀・万葉集を歌う活動を行うきっかけとなったことや、人の思いの詰まった歴史あるピアノを新生し受け継いでいくことなど、歌枕の思いとこのピアノが深く意味がつながったものがありました。そのフッペルピアノを、昨年末うたまくらピアノ工房で弾いてその瞬間に「魂をつかまれた」と感じてくださった岩国市在住のピアニスト高橋正実さんとのご縁により、今回の岩国でのコンサートが実現しました。

6月20日(金)岩国中学校 芸術鑑賞会にて「やまとうたコンサート」
高橋さんが今年の2月にはじめて和歌劇を聞いてくださったとき、「はじめ歴史が苦手な人間にとっては、和歌劇という名前だけで敬遠していましたが、実際に聴かせていただくと、真逆でわかりやすく日本人の遺伝子にある文化を肌で感じることができ、これは子供たちに知らない世界を見せてあげたいと思いました。」と、芸術鑑賞会の出演者としてご推薦くださいました。
当日、学校へ到着すると、体育の先生と生徒さんが、会場となる体育館の準備中で、皆さん、とても素直で、ご挨拶もあかるく、また舞台の移動など、率先して手伝ってくださいました。また事務所の皆様が舞台設営のお手伝いをしてくださるなど、暖かく迎えていただきました。
さて、13:30の開演。500数十名の全校生徒さんが体育館へ集合。今から何がはじまるのかと、少し緊張感のある雰囲気でしたが、高橋先生のご紹介で歌枕が登場すると、大きな拍手。
前半は、和歌劇「山の幸・海の幸」を上演。とても静かに集中して聴いてくださいました。

210336641_295255157301847_9207160049891901836_n.jpg


後半は、歌枕のお話を交えながら「千曲の恋」「防人の歌」「子をおもう歌」を演奏。そして、生徒さん方へのサプライズで、高橋先生に万葉の衣装でご登場いただき、「紫の恋」をピアノ伴奏で演奏しました。
「紫の恋」のシュチュエーションを紹介をし、「男子生徒さんは大海人皇子になった気持ちで手を振ってください、女子生徒さんは額田王の気持ちではじめの“あかねさす〜”を一緒に歌ってください。」と、また体育の先生が大海人皇子役を引き受けてくださるなど、全員参加型のコーナーとなりました。これから授業でも額田王と大海人皇子の和歌は、習うと思います。その時に、ぜひ今日のことを思い出してくださいと、お話しました。
そして「船出の歌」で、芸術鑑賞会での「やまとうたコンサート」は、締めくくられました。
最後に、生徒会長の生徒さんより、「普通は聴くことのできない音楽と美しい声を聴かせていただいてありがとうございました。また、高橋先生が万葉の衣装で登場したり、体育の先生が登場したりと楽しかったです。」と、お礼の言葉をいただきました。

310409479_295255213968508_6288463771701674554_n.jpg


そして翌日
6月21日(土)光風堂にて「歌枕直美&高橋正実ジョイントコンサート」

4写真 のコピー 3


高橋さんのフッペルピアノは、この光風堂に置かれて、毎月1回コンサートを行われています。オーナーの河中さんは、古民家を再生活用し、書家、陶芸家、和紙工芸、人形作家、染織家、そして音楽家などと、様々なアーティストの方を紹介し、お店に光と風を感じ、訪れた人が安らぎを感じられる場、様々な人と作品が交流する楽しい集いの場にしたい、古い物が古い物だけにとどまらずアートとして新たに感じてもらえる様にと、カフェ&ギャラリー光風堂を今年3月にオープンされました。歌枕の考えとも共感する部分がたくさんありました。また、この光風堂の入り口には、見事な樹齢270年の大楠があり、この場所の守り神の様に感じました。

510300234_295878857239477_2072368346135924124_n.jpg



さて夕刻よりの「やまとうたコンサート」には、光風堂と高橋さんよりのご案内でお越し下さった方と大阪から友の会の方も応援に来てくださり、アットフォームな古民家コンサートとなりました。
前半は、フッペルでの高橋さんピアのソロ ショパン演奏。
歌枕がポーランドとのご縁について、そしてフッペルについてお話をし、高橋さんが「月光」を演奏、心に響くフッペルの音色でした。

6写真 のコピー 4


後半は、脚本・総監督の菅沼先生との出会い、和歌劇誕生のお話をして、和歌劇「山の幸・海の幸」を上演しました。
皆様、はじめて触れる和歌劇の世界に引き込まれてくださっている様子でした。
最後は、高橋さんの伴奏で万葉歌の数々を演奏し、「船出の歌」で締めくくりました。
歌枕の活動の原点から、その意味を語りながらのコンサートとなり、古民家で雨音が聞こえる中、しっとりと和やかに心にしみるコンサートとなりました。
光風堂の河中オーナーと、また来年と次の計画のお話も出て、意味深い2日間の岩国でのコンサートが無事に終了しました。
岩国中学校の皆様、光風堂の皆様、高橋さん、ありがとうございました。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (79)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (181)
活動レポート (67)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (14)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (65)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (31)
うたまくら茶論 (4)
活動情報 (6)
プロデュース (8)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示