FC2ブログ
topimage

記紀・万葉やまとうた「日の出づる」 - 2016.12.19 Mon

スタッフの松田です。
和歌劇「遣唐使の物語」第4話 唐に派遣した留学僧・弁正のお話に出てくる望郷の歌です。和歌劇脚本家 菅沼登先生が漢詩の読下しをなされて詞となり、歌枕自身が曲をつけました。胸に響く名曲です。

  「日の出づる」〜CD「やまとうた」より〜
      作詞:懐風藻 作曲:歌枕直美

   日辺曙日本  日の出づる辺りに 故郷 日本ありと
   雲裏望雲端  広がる雲の果てに 想いを寄せて眺める
   遠遊労遠国  遠く異国に遊学し 異国で苦労を重ね
   長恨苦長安  尽きぬ深い愁いを 長安で抱く         
                       懐風藻 釈弁正「在唐憶本郷」より


1弁正

―試 聴―(クリックするとご試聴いただけます)


=解説=
新生になった日本の朝廷が、唐に派遣した留学僧・弁正は囲碁が得意で囲碁が好きな若き日の玄宗皇帝・李隆基と親しくなりました。李隆基の勧めにより、弁正は僧の身分を捨てて唐に帰化し、唐の官吏となるべく勉強をはじめました。しかし時折、弁正は故郷・日本を思い出し、この様な歌を歌いました。

=歌枕より=
日本で一番古い漢詩集“懐風藻”より、弁正さんの歌です。
弁正さんの望郷の念が痛いほど伝わり、曲がすっとできました。

歌枕直美CD「やまとうた」のお申し込みは




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (74)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (40)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (3)
うたまくら30周年にむけて (16)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示