FC2ブログ
topimage

歌枕直美「音絵巻」源氏物語—六条わたり公演ご案内 - 2019.03.25 Mon

スタッフの松田です。
歌枕京都伝統工芸館 無名舎に於ける「音絵巻」源氏物語—六条わたり公演。先週は、無名舎 吉田孝次郎先生について、出会いについてをご紹介いたしました。今日は、無名舎での「音絵巻」公演の魅力についてご紹介いたします。
「音絵巻」は、日本建築の佇まい、襖や鴨居、床の間などを生かした舞台作りで、ハイビジョン画面で文様や日本画を襖絵の様に浮かび上がらせ、その前で日本の歴史物語を歌枕の歌と語りで繰り広げる公演です。
一昨年その第一作「アメワカミコ」の脚本が出来た時に、歌枕がこの作品は無名舎で行いたいと考え、吉田先生にお願いし「音絵巻」公演の初演を行い、そして昨年は、春の京都 無名舎でお聴きいただきたい作品をと考え、平家物語より「熊野」- 東の国の歌姫- 「敦盛」- 音楽の貴公子 – を制作・上演し、無名舎とうたまくらの世界が融合した幽玄の空間となりました。

7IMG_6973.jpg


また公演の前後は無名舎 京町屋雰囲気の中 お庭を眺めながらゆったりとした時間をお過ごし頂きたいとの歌枕の思いで、一階のお部屋でお茶をお召し上がり頂き、そしてそのお部屋には、吉田先生が、ご自身のコレクションより、江戸時代の熊野と敦盛の小袖を飾ってくださり、ご来聴くださったお客様より「至福の時を過ごさせていただきました。また、京都の奥深さを感じ驚嘆しました。」とのお言葉をいただきました。

IMG_6938.jpg IMG_6941.jpg


そして今年4月21日(日)22日(月)27日(土)28日(日)歌と語りの一人舞台「音絵巻」源氏物語—六条わたり公演では、京都ならではの作品を、より五感でお楽しみ頂けるようにと演出のこだわりもバージョンアップし、また今年も当日は、吉田先生のコレクション・数々の生活工芸品(江戸時代の小袖、焼物など)より、作品に合わせたものをさりげなくお部屋に飾って下さる予定です。その時、その場にしかない時間を、感動をお届けできると思っております。無名舎とうたまくらの世界が融合した幽玄のひとときをお楽しみください。

歌枕直美 春の公演情報> .......................................................................

歌枕直美 歌と語りの一人舞台「音絵巻」第3弾 
 源氏物語』六条わたり
 〜復活する女神−新たな神話がはじまる〜

IMG_3970.jpg
(画像をクリックすると拡大されます)

▶日時:2019年4月21日(日)22日(月)27日(土)28日(日)
    14時開演(13時半開場)
▶会場:京都伝統工藝館 無名舎 (京都市中京区新町通六角下ル六角町363)
=京都市指定「景観重要建築物」、国指定登録有形文化財=
▶入場料:歌枕直美友の会会員3,000円
一般3,800円(前売3,500円)学生2,800円(2,500円)
▶お申し込み・お問い合わせは…うたまくら06-6317-3873




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (77)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (181)
活動レポート (65)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (14)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (60)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (10)
コンサート案内 (27)
うたまくら茶論 (4)
活動情報 (3)
プロデュース (8)
茶論歌枕オリジナル料理 (1)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示