FC2ブログ
topimage

「6月22日 出雲大社於 ご奉納演奏」レポート - 2013.06.25 Tue

スタッフの松田です。
6月22日 島根県にある出雲大社にて、歌枕がご奉納演奏させていただきました。
そのきかっけになったのは、3年前に大阪神社庁の年末総会後の懇親会にて、神社関係者の皆様がお集まりになる中で、和歌劇「オオナムチ」を上演させていただきました。その時に、歌枕にお声がけくださった千家さんのご紹介により実現しました。

1izumotorii.jpg


出雲は神話の国。出雲大社には、大国主命(オオナムチ)がお祀りされています。

今回は、和歌劇「オオナムチ」の中から
  スサノヲ( 古事記 上巻 須佐能男命の言葉 )
  出雲は新墾( 日本書紀15巻 覇宗天皇条 室寿の歌 )
  明日の夜に( 古事記上巻 沼河姫の歌 )
  築き立てる(日本書紀 清寧天皇の条、出雲国風土記 楯縫部)

出雲にゆかりのあるスサノヲの歌
  出雲八重垣( 古事記 上巻 須佐能男命の歌 )

を、厳粛な雰囲気の中、ご奉納演奏させていただきました。

拝殿の外には、ご参拝にこられた方々も集まり熱心に聞いてくださっていました。
ご奉納後、出雲大社の神職様より「素晴らしい演奏をご奉納いただきありがとうございました。大国主大神様がにっこり微笑んで喜んでられると思います。」とお言葉をかけてくださいました。
その後、御本殿に参拝し大国主大神様へ、歌枕が玉櫛奉天をさせていただきました。

2P2013_0622_164902.jpg


新聞社の方もご参列くださり、ご奉納後、「どのような気持ちでご奉納されましたか?」などインタビューを受けました。
歌枕は「万葉集を根幹に、古事記日本書紀を題材に作品を制作し、公演活動を行ってきて、この日本の原点でもある出雲の神様にお礼を申し上げないといけないと思い、ご奉納演奏をさせていただきました。」とお答えしていました。

和歌劇「オオナムチ」は、2005年以降、各地で何度も上演、2010年にはポーランドでも上演し好評を得た作品です。その歌枕の感謝の気持ちが、きっと大国主命様に届いていると思いました。




● COMMENT ●

新しい地での公演が

奉納演奏中、外のざわめきが、別の世界のようでした。
演奏が始まると、凛とした空気感があり、涙が…・。新しい風が吹き、“出雲の国”での始まりを感じました。出雲にてこれから、歌枕さんの公演を通じて輪がきっと広がっていくことかと思います。
楽しみです。お疲れ様でした。

妹尾様

出雲大社でのご奉納式でのご参列をありがとうございました。
出雲での公演ができるように、頑張っていきたいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utamakurastaff.blog.fc2.com/tb.php/192-f2e6e048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6月28日 金曜の夜にコンサート «  | BLOG TOP |  » 6月21日 金曜の夜にコンサート

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (74)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (40)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (3)
うたまくら30周年にむけて (16)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示