FC2ブログ
topimage

12月15日・16日「時代を語るピアノの響きコンサート」レポート - 2013.12.17 Tue

スタッフの松田です。
12月15日・16日「時代を語るピアノの響きコンサート」を開催しました。先日もご紹介いたしましたが、秋以降、ピアノ技術の荒木が修理・調整を行い、歌枕が演奏者として弾いて確認し、荒木に要望を伝え、再度調整という繰り返しで、最高の状態に仕上がったピアノでのコンサートとなりました。15日は、ご家族でのご参加、技術関係の方、教室の生徒さん、調律のお客様など幅広い皆様が、16日はピアノの講師の方々がご参加くださいました。
さて、ピアノ工房では、まずはじめに、大正時代に作られたヤマハNO.1では、歌枕が最近に読んで感動した小説「永遠の零」の作者 百田尚樹さんが、この小説を書くときに聴かれていた曲 カヴァレリア・ルスティカーナ「間奏曲」、ベヒシュタイン9トロピカルでは、この季節にあわせてチャイコフスキー~くるみ割り人形より「花のワルツ」、グロトリアンーシュタインヴェッヒでは、「シャコンヌ」、ポーランド製のザイラーでは、ショパン「マズルカ」、ブリュートナーでは、「黒い瞳」を演奏しました。
内輪ながら、どのピアノの音色もすばらしく成長していて、歌枕の演奏でその魅力がより弾きだされていました。楽器、技術者、演奏者、三位一体での極意だと思いました。

ピアノ工房での最後の演奏は、今回の見どころ聴きどころとして、先日ご紹介させていただいていたフッペル。映画「月光の夏」で、特攻であす飛び立つ青年兵が、最後にピアノを弾きたいと近くの小学校のピアノを借りてベートーベンの「月光」を弾いたのがフッペルでした。その同時代のフッペルが縁あって、うたまくらに届き、半年間かけて新生してのお披露目演奏でした。15日には、東京より元持ち主であるS様、そしてこの修理に関わってくださった静岡県磐田市にあるSP楽器の岩本様、そしてつないでくださった埼玉の一條様もお越しくださり、皆様揃ってフッペルの新生を喜んでくださいました。

1120131215.jpg

2220131215.jpg


修理が完成し、歌枕がはじめて弾いた時、魂に伝わるものがあり涙が出たというフッペルでは、バッハの「プレリュード」とベートーベンの「運命」そして「月光」を演奏しました。その深い響きに感動しました。

S様は、「このピアノがどのように変わるのか、想像もつかず、今日の日を楽しみにやってまいりました。こうして蘇らせていただいてほんとうに嬉しかった。とにかく興奮しました。そして歌枕さんの取り組みに、共感しました。」とお話しくださいました。

そして次に、皆様に移動していただき、夢工房にある歌枕所有の幻の名器タローネをお聴きいただきました。

3320131215.jpg


タローネの音色を聴くのが夢だったという方もご参加くださいました。
また、岩本さんは、タローネをはじめて聴かれたとのことで、こんなに澄んだピアノの音色は聴いたことがないと驚かれ、またタローネの設計を見られて、そのつくりに共感されたそうです。

最後は、茶論に移動していただき、歴史的鍵盤楽器 クラビコード、チェンバロ、フォルテピアノの演奏をお聴き頂き、この「時代を語るピアノの響きコンサート」終曲は、うたまくらの象徴であるベヒシュタインパリサンダーの演奏で、しっとりと締めくくられました。

コンサート後、岩本さんより「ピアノの修理をしていても、お客様のところにお届けして、その後、どのように演奏されているのかを聴くことがほとんどありません。今日お招きいただき、新生したフッペルを聴けて本当にうれしかったです。またこのようにいろんなメーカーのピアノや歴史的鍵盤楽器が、とてもよい状態で紹介されているところは、ほかにないと思います。」とお話しくださいました。

またはじめてご参加くださった方からは、「ピアノって一台一台こんなに違うということを、はじめて知りました。」と、前回もご参加くださった方から「ベヒシュタイントロピカルの変化に驚きました。」などのご感想いただきました。

さて、多方面からお越しいただいた皆様に、うたまくらはここれでけで終わらないと歌枕からのサプライズプレゼントで、友人のサンタが登場。皆さん大盛り上がりでした。

4420131215.jpg



ランチメニューロゴ

ポーランド風きのこスープ
チキンカツ&ツリーサラダ
りんごのケーキ

5520131215.jpg 66DSC09424.jpg

7720131205.jpg


ポーランドきのこの香りがいっぱいひろがるスープ
ひと足はやいクリスマス気分のかわいいお料理
りんごの酸味がおいしいケーキ
おいしいお料理とともに
コンサートの余韻を楽しみました。





● COMMENT ●

素敵な音色のピアノ達!

日曜日は、全然違う雰囲気だったようですね。熱気ムンムン!
月曜日は、サンタさんもお忙しいようでお目に掛かれなくて残念でした。プレゼントは、しっかり頂戴しましたが。有難うございました。1台1台魅力の違うピアノ達に堪能しました。毎回、ビックリする事が満載です。お食事も、満足満足!

妹尾様

ご堪能いただきありがとうございます。今回は、すべての楽器が息を吹き返し、最高の状態で、私もほんとうに感動しました。サンタさんは、お昼間は寝ているらしいです・・・(笑)
それではクリスマス忘年会もお待ち致しております!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utamakurastaff.blog.fc2.com/tb.php/229-f47ceb0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/18 08:52)

磐田市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

「うたまくら茶論クリスマス☆忘年会2013」スタート! «  | BLOG TOP |  » 12月6日 金曜の夜にコンサート

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (73)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (179)
活動レポート (64)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (13)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (54)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (9)
コンサート案内 (19)
うたまくら茶論 (2)
活動情報 (2)
プロデュース (7)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示