FC2ブログ
topimage

11月24日・25日「時代を語るピアノの響きコンサート」レポート - 2014.11.27 Thu

スタッフの松田です。
11月24日・25日「時代を語るピアノの響きコンサート」を開催致しました。ピアノ愛好家の方、生徒さん、先生、ピアニストの方と、いろんな立場でピアノに興味を持つ方々がご参加くださり、はじめに歌枕がおひとりおひとりご紹介をさせていただきました。
 
DSC01677.jpg 2DSC01684.jpg

3DSC01645.jpg 4DSC01687.jpg


「時代を語るピアノの響きコンサート」の前半は、ピアノ工房にある個性豊かなピアノの特徴を技術者荒木欣一がご紹介し、それぞれに合う曲を歌枕が選曲、演奏。コンサートのオープニングには、大正時代につくられたヤマハのピアノをご紹介しました。日本は木の文化の国と感じるピアノです。
 ヤマハアップライト(UP・1924年製日本)「平均率1番」

今回は、ドイツピアノの数々、そしてドイツ移民としてアメリカに渡りピアノを製作したスタンウェイ、メーソン&ハムリンについて、お話を交えながらのコンサートとなりました。
歌枕が先月の海外公演でドイツ・ミュンヘンに行った時に、その国にふれ、現地で伺ったお話などより、「“ドイツ”をひとつの国として語ることはできない。」と感じたそうです。ドイツが連邦なので、北から南 それぞれの地域の文化・風習が違い、それはピアノの音作りにも表れていて、北は工業がすぐれていてかっちりとドイツ的な重厚な音色で、南に行くとオーストリア文化に近くなり、歌が似合うウィンナートーンのように、たゆるみがある音色になっていますとのお話をし演奏に入りました。

 シードマイヤー(UP・1935年製ドイツ)「ロシア民謡メドレー」
 グロトリアン・シュタインベッヒ(GP・1965年製ドイツ)
        カヴァレリア・ルスティカーナ より「間奏曲」
 ザイラー(UP・1927年製ドイツ)「ミスティ」
 ザウター(UP・1954年製ドイツ)サンサーンス「白鳥」

5DSC01698.jpg


ピアノ工房での後半は、スタンウェイ、メーソン&ハムリン
アメリカでははじめヨーロッパからピアノを輸入していましたが、気候風土があわず1800年前半に、スタンウェイ、メーソン&ハムリンをはじめとするドイツからアメリカへ移民として渡ったピアノ製作者たちが、アメリカにあうピアノを創り出したそうで、原点はドイツへとつながります。

 メーソン&ハムリン(GP・1918年製アメリカ)
        「星条旗よ永遠なれ」「パガニーニの主題による狂詩曲」
 スタンウェイ(GP・2013年製ドイツ)シベリウス「もみの木」
 
そして次は、夢工房(社長室)にある歌枕所有のタローネ(GP・イタリア)で「シャコンヌ」をお聴きいただきました。タローネが生きている間に約500台しか作られず幻の名器とも言われており、うたまくらではこのコンサートの時のみ、特別にご披露しています。

6DSC01704.jpg


最後に茶論に移動して、歴史的鍵盤楽器の演奏をお楽しみいただき、最後は、ベヒシュタインパリサンダーで映画ニューシネマパラダイスより「愛のテーマ」を演奏しコンサートを締めくくりました。


お話にあったように、音の透明度と重厚感のあるグロトリアン・シュタインベッヒ、甘い弦楽器のような音色のザウターなど地域での音色の違い、そしてこの季節にぴったりの選曲でその土地の気候風土を感じるコンサートでした。
コンサート後、ご参加のお客様より「同じドイツでも地域により、音色が違っていくのがとてもよくわかりました。」「メーソン&ハムリンのキラキラした音色を、はじめて聴きました。」「こんなに身近で本物のクラヴィコードやフォルテピアノをはじめて聴きました。他ではできない体験でした。」「とても素敵で、楽しいコンサートで、あっという間の時間でした。」「今迄にも聴かせていただいてるグロトリアンの音色が、より素晴らしく変わっていて驚きました。」「素晴らしい楽器と素晴らしいメンバーに恵まれた、贅沢な時間を過ごさせて頂きました。」「大変楽しめました。ピアノが一台一台違うというのをあらためて感じました。また来ます。」などのお声をいただきました。

そしてコンサート後は、歌枕のお手製ランチをお楽しみいただきました。

ランチメニューロゴ

ポーランド風
きのこのスープ と ロールキャベツ

グランマニエ風味 柿と桃のポンチ

720141125写真 1 8201411252.jpg

9201411253.jpg


<次回予定>
「時代を語るピアノの響きコンサート」2015年3月29日(日)・30日(月)10:30〜








● COMMENT ●

個性があっていい!

ピアノも、一台づつ個性があっていい!と再確認しました。それぞれ魅力的で、光っています。人間も同じですね。明るく華がある音色、いぶしぎんのような大人の渋い熟した音、素敵でした。次回は、どこのどんなピアノに出会えるのか楽しみです。

白鳥

ザウターで演奏されたサンサーンスの「白鳥」が、とても気に入りました。
普通はチェロで演奏されますが、このピアノでの演奏はこれで完成されているように思いました。

妹尾様

いつもありがとうございます。私も毎回楽しみです。

う様

皆勤でのご参加をありがとうございます。
ザウターでの「白鳥」とても好きで、私も同じように感じました。ピアノの魅力も曲の魅力も引き出されていて、心に響きました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utamakurastaff.blog.fc2.com/tb.php/296-1ac844e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

11月28日 金曜の夜にコンサート «  | BLOG TOP |  » 11月21日 金曜の夜にコンサート

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (67)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (68)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (34)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (8)
プロデュース (8)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (1)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示