FC2ブログ
topimage

記紀・万葉やまとうた「龍田彦」 - 2017.04.17 Mon

スタッフの松田です。
桜が風に舞い散り行く様がとても美しく、今年の桜も見納めの時期になりました。1300年前にも、1年に7日間ほどだけ咲き散って行く桜を惜しむ歌が残されています。

  「龍田彦」〜CD「あさね髪」より〜
      作詞:高橋虫麻呂 作曲:綱澤僚

    白雲の 龍田の山の 滝の上の 小鞍の嶺に 
    咲きをゐる 桜の花は 山高み 風しやまねば
    春雨の 継ぎてし降れば ほつ枝は 散り過ぎにけり
    下枝に 残れる花は しましくは 散りな乱ひそ
    草枕 旅行く君が 帰り来るまで

    我が行きは 七日は過ぎじ 龍田彦 ゆめこの花を 風にな散らし
                       万葉集9-1744.1748


1龍田彦

―試 聴―(クリックするとご試聴いただけます)
 


=対訳=
龍田山を越える道沿いにある滝の真上の小鞍の嶺に、咲き乱れている桜の花は、山が高くて風がやまないので、また春雨もこやみなく降りつづくので、梢の花はもう散ってしまった。下枝に咲き残る花よ、もうしばらく散り乱れないでおくれ。旅行く方が帰り来るまでは。
私たちの旅は、七日もかかることはありますまい。龍田の神様、どうか、この花を風に散らさないで下さい。

=歌枕より=
風の神様、龍田彦。目に見えない風に、神様がおいでになるというのは大いに納得。桜の散るちりぎわの美は、龍田彦の人間に対する贈り物かもしれません。

歌枕直美CD「あさね髪」のお申し込みは




● COMMENT ●

桜は、日本の象徴です。

桜の花は、日本の春を象徴していると思います。桜の花のつぼみが膨らんでくると、春だな~と感じますが、咲いた後は一気に散ると何だか少し寂しい想いになります。「龍田彦」は、明るいト~ンで咲き誇る桜、途中桜並木の中を思わずスキップしたくなるような…最後は、しっとりと散っていく桜をいとおしく感じているような…すみません。私の主観です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utamakurastaff.blog.fc2.com/tb.php/462-1115c38e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

英語に訳して親しもう『みやびうた〜海をこえ、彩る言の葉~』 «  | BLOG TOP |  » 新しいスタート応援会

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (74)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (40)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (3)
うたまくら30周年にむけて (16)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示