FC2ブログ
topimage

11月10日茶論「やまとうたコンサート」レポート - 2019.11.11 Mon

スタッフの松田です。
11月10日茶論「やまとうたコンサート」を開催。上島名誉会長をはじめとする友の会の重鎮の皆様がご参加くださいました。

11月の富士をテーマにした新作は「富士と蚕」。タイトルだけでは、富士山と蚕にどんな縁があるのかと思いましたが、上演を聴くとなるほど...と、ご参加の皆様が納得! 1500年あまり前に駿河の国の富士川のほとりで、インドから伝わった絹の織物を織る一族いました。遠いインドから海を越えて伝わった蚕、シルクのお話・金色姫の伝説でした。
歌枕は、今月の作品にぴったりの素敵な赤紫のドレスで登場。ご参加の皆様より「わぁ〜」との声が聴こえました。

1IMG_9624.jpg


歌枕より「はじめに菅沼先生より、この作品についてお伺いしたとき、“富士?蚕?”と私自身も思いましたが、作品を制作しながら、1500年以上前の金色姫のお話、美しいシルクの糸が蚕の繭より出て来た時、人々はどんなに感動したのだろう、蚕に敬意をはらったのだろうと思いました。興味がもてるかどうかで見るものすべての感じ方が変わっていきます。万葉集などの和歌は、古代人からの手紙だと思います。」と、上演後にお話ししておりました。

コンサートは「梅と宴」で乾杯をし締めくくり、宴のスタート。
前菜は自家製の薫製・牡蠣のオイル漬け・ピクルス、きのこのスープ、メインは、アイスバインと、歌枕お手製のお料理を楽しみ、来週、再来週に迫った、奈良橿原神宮、浜松・実相寺での「万葉コンサート」のお話で盛り上がりました。

2IMG_9680.jpg 3IMG_9684.jpg 4IMG_9686.jpg


また来春の京都・無名舎での音絵巻公演の制作状況について、菅沼先生、歌枕からお話がありました。次の音絵巻新作は「細川ガラシャ」テーマにした作品との発表がありました。今、ほぼ作品は完成してきており、かなりの自信作とのことです。皆様、来年春もお楽しみになさってください。

★ 次回、茶論やまとうたコンサートは、12月8日(日)11時〜14時半に開催。
詳しくは、うたまくらHPより 


***************************

歌枕直美コンサート情報 浜松公演

20191130実相寺

歌枕直美「万葉コンサート」〜梅の花に寄せて〜
令和の元となった万葉集・歴史的建築でのコンサート

▶日時:2019年11月30日(土)14:00開演(13:30開場)
▶日時:松源山 実相寺 (浜松市北区引佐町金指1371)
詳細は...うたまくらHP
***************************



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utamakurastaff.blog.fc2.com/tb.php/605-3063ece7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うたまくら茶論「歌枕お手製料理」のご紹介 «  | BLOG TOP |  » 11/30歌枕直美「万葉コンサート」〜梅の花に寄せて〜ご案内

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (181)
活動レポート (67)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (14)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (67)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (8)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (33)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (6)
プロデュース (8)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (1)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示