FC2ブログ
topimage

「うたまくら30周年にむけて」vol.2〜うたまくら社の設立〜 - 2020.04.27 Mon

スタッフの松田です。
「うたまくら30周年にむけて」第2回目は、歌枕が会社“有限会社うたまくら(現株式会社うたまくら)”を設立しようと決意するきっかとなった2つの出来事についてご紹介いたします。

歌枕は、20代半ばに結婚をして“歌枕”という姓になられて、そして結婚してまもなくご主人のご先祖様のお墓のある鹿児島に行かれたそうです。鹿児島観光する中で、その当時できてまもなくの知覧にある特攻隊記念館に行かれ、そこに残された特攻隊として旅立った青年の写真、お母さんにあてた手紙などを目にし、涙が止まらなかったそうです。また特攻隊の人たちが一周回って南の海に飛び立ったという美しい開聞岳の姿、特攻の母と呼ばれた鳥浜トメさんの話など、大きな衝撃を受け、“自分は根無し草”だと、社会に役立つこと、責任を持って生きて行くには、音楽の道しか歩んでこなかった自分になにができるのかと、更に考える様になったそうです。

それから数年後、ヨーロッパに旅した際、オーストリア・ウィーンにてミュージカル“オペラ座の怪人”を見て、その時がドイツ語での上演だったそうですが、言葉がわからなくても感じる本物の総合芸術舞台に触れ、鳥肌がたつような感動を覚えたそうです。歌枕はその時に、総合芸術舞台の公演にはプロデューサーという存在が確立していて、日本と欧米の音楽環境の違いを感じ、日本でも音楽で仕事となる環境を作りたいと考えたそうです。

そのためには、まずきちんと組織をつくり、責任を負わなければならないと思い、会社設立を考えました。その当時、暴力団新法ができたころで、女性が起業するというのは、いろいろ臆測され難しいこともありましたが、それまでの活動でご縁を頂いていた弁護士の三瀬先生のお力添えをいただき、1994年4月1日有限会社うたまくらを設立しました。代表取締役社長 歌枕直美の誕生です。その日、歌枕は社員の前で「音楽を仕事としていくのは、大変なことだと思います。土地を耕すことからでなく、石をのけるところからはじめないといけない。まずは、石の上にも3年でなく10年。よろしくお願いします。」とのお話がありました。私は、この日の言葉を、今でもしっかりと記憶しています。そして10年目の奇跡は…。



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utamakurastaff.blog.fc2.com/tb.php/629-aed8fed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「うたまくら30周年にむけて」vol.3〜歴史的建築でのコンサート〜 «  | BLOG TOP |  » 「うたまくら30周年にむけて」vol.1〜歌枕直美の生い立ち〜

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (70)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (38)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (2)
うたまくら30周年にむけて (7)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示