FC2ブログ
topimage

「うたまくら30周年にむけて」vol.6〜「三輪の大神様」との縁(えにし)〜 - 2020.05.25 Mon

スタッフの松田です。
前回にお話ししましたように、歌枕の新しい音楽、西洋音楽と日本文化の融合した「音楽で綴る万葉集〜みやびうた」の第一番目に誕生した曲が額田王の「三輪山」でした。三輪山は、古来より神が鎮まります神聖な山として信仰されおり、今は、三輪明神 大神神社のご神体として御祭りされています。

20190727141103406.jpeg

(三輪明神 大神神社 拝殿)


CDプレスが出来上がる直前、まず三輪の神様にご報告をと、三輪明神 大神神社 祈祷殿にてご奉納演奏をさせていただきました。その時、神職様が「歌枕さんの歌は、神職の祝詞と同じだ」と、お話し下さったことを今でも鮮明に覚えています。その後も、歌枕は、CDのリリースをはじめ、海外公演成功祈願、会社の節目などに、大神神社にお礼とご報告にお伺いしご奉納演奏をさせていただいています。

3DSC02541.jpg

(2015年3月 拝殿にてご奉納演奏)


IMG_3109.jpg

大神神社 発行「みわ」〜三輪山だより〜)*画像をクリックすると拡大されます


大神神社より、摂社である率川神社での万葉歌碑の除幕式や大神神社の平成の大造営祝方行事における演奏など貴重な機会を与えていただきました。また、大神神社CD「三輪明神 神拝詞」に於いては、毎日のご祈祷で神職様方が歌い継がれて来られた“三輪明神 奉賛歌”を、先代の木山宮司様のご指名により歌枕が歌い、特別な深いご縁を頂戴しています。

10933798_388474324646596_4393385698468744488_n.jpg

(大神神社CD「三輪明神 神拝詞」)


その都度、現宮司 鈴木宮司様は、いつも、「歌枕さんは神様から歌う使命を与えられている。世のため人のために歌い続けてください。」と応援してくださっています。
そして4年前、歌枕が病に倒れた時には、早く回復する様にと、毎日ご祈祷を斉行してくださり、そのお志るしとして今なお、日々の御饌米を送り続けてくださっています。24年に亘る「三輪の大神様」と三輪明神大神神社との縁に、深く感謝しています。


 木山照道 先代宮司「うたまくら草子」対談 8号(2001年1月)
 鈴木寛治 宮司「うたまくら草子」対談 24号(2005年1月)43号(2009年10月)





● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utamakurastaff.blog.fc2.com/tb.php/633-e4b5a8a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「うたまくら30周年にむけて」vol.7〜CDショップ全国展開・新ジャンル「うたまくら」誕生〜 «  | BLOG TOP |  » 「うたまくら30周年にむけて」vol.5〜制作への道・音楽で綴る万葉集「みやびうた」誕生〜

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (74)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (40)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (3)
うたまくら30周年にむけて (16)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示