FC2ブログ
topimage

「うたまくら30周年にむけて」vol.13〜共同通信全国配信記事「明日へのラブレター」〜 - 2020.08.10 Mon

スタッフの松田です。
1997年に音楽で綴る万葉集「みやびうた」CDのリリース以後、1年半ごとに新しいアルバムのリリース。その間、各地での万葉コンサートの活動が広まってきました。
その中、楽器の仕事関係より、奈良県磯城郡川西町の教育委員会(川西文化会館)では、コンサートや催しを工夫され独自の企画をされており、また地域の方々が勉強をされて催事のボランティアスタッフとして活躍、地域の皆様との連携でされているとのお話で、当時の松本教育長さんをご紹介いただきました。さっそく歌枕のCDを持ちお伺いしましたところ、歌枕の新しい音楽、その独自性、制作にかける思いを感じてくださいました。また、川西町は、観世能額の発祥の地で、役場の中庭に黒大理石でできたモニュメント(能舞台)があり、お月見の時期に風を感じながらの野外コンサートはどうかとのお話になり、すぐにコンサートが決定。当日は、ボランティアスタッフの皆様が念入りに準備、野外の黒大理石能舞台に薪能のようなかがり火、そして薄など秋の花で飾られていましたが、あいにくのお天気で急遽ホールに移動しての屋内コンサートとなりました。川西町のスタッフの皆様も、歌枕はじめとする私たちも、気持ちを合わせての準備をしてきたため、とても残念でしたが、コンサートは大成功で、その気持ちが来年こそは!との思いにかわり、1年後にもう一度とのチャンスが生まれました。

その時期と合い重なって、2ndアルバム「明日香風」リリースのニュースレリースをご覧下さった共同通信社 奈良支局の中原唯史記者が、歌枕の音楽、活動、生き方に大変興味を持って下さり、1回の商品地域記事ではなく、歌枕さんの活動をいろいろと取材し、全国配信記事として紹介したいとのお申し出をいただきました。その後、大神神社でのご奉納演奏、吹田での茶論コンサート(現在の「やまとうたコンサート」の前身)など1年をかけて歌枕を追ってくださり、その最終として、2年目のチャンスとしてつながった奈良県磯城郡川西町 川西文化会館 能の庭での「つくよみコンサート」(2000年9月9日)の取材となりました。
当日は、開演直前の雨雲で、一旦開演を遅らすという不安も出ましたが、なんとかお天気は持ちこたえ、関わる人たち皆の気持ちが天に通じ、感動的なコンサートとなりました。お客様のお帰りには、きれいなお月様も顔を出していました。

IMG_3401.jpg

共同通信社 全国配信記事「明日へのラブレター」2000年10月1日静岡新聞)
*記事をクリックすると拡大されます。


共同通信社の全国配信記事は、奈良新聞ほか全国の地域新聞20数社に掲載され反響を呼びました。その中でも一番大きく静岡新聞に取り上げられ、この記事から、歌枕の生涯賭けての活動となる出会いへと繋がって行きます。また、川西町の皆様とも大きな絆が生まれ、また数年後の公演も実現し、今振り返ると歌枕の1回1回にかける思いが人の心をつなぎ、次へのバトンをつないでいっていることを感じます。



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utamakurastaff.blog.fc2.com/tb.php/644-8b295027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「うたまくら30周年にむけて」vol.14〜和歌劇「額田姫王」誕生!〜 «  | BLOG TOP |  » 8/2歌枕直美友の会会員制「茶論やまとうたコンサート」レポート

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (74)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (40)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (3)
うたまくら30周年にむけて (16)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示