FC2ブログ
topimage

6/11「茶論みやびうたコンサート」レポート 松田千鶴 - 2011.06.13 Mon

6月の茶論みやびうたコンサートも満席での開催となりました。
今月の和歌劇は「高山右近」第二部。
先月の第一部は、右近の父の時代とキリスト教が伝来し、それまで差別されていたライ病患者などを助けたというお話でした。
今回は、いよいよ右近が高槻城主として登場、同じ信長側についていた伊丹城主・荒木村重が信長の宿敵・本願寺に裏切った中で、右近の苦悩、そしてその末の選択が描かれていました。

和歌劇の上演後、茶論コンサートでは恒例の歌枕によるお客様全員のご紹介の時に、皆様それぞれの方の身近にあることと今日の和歌劇のお話とを絡めてご感想やメッセージをお話しくださり、大変内容の深いお話ばかりでした。      

              yamamoto.jpg  chiho.jpg

              harada.jpg  tunoda.jpg

そのお話を少しご紹介いたしますと、クリスチャンでいらっしゃる北野さんが属されている大阪玉造にあるマリアカテドラルの壁に飾られている御絵には、マリア様と並んで高山右近がかけられているそうです。今日の和歌劇でより高山右近様を尊敬するお方だと深く感じていただけたそうです。
また、2ヶ月前より茶論コンサートにご参加くださっている山本さんは、今まで言葉も文化も違う日本にザビエルがどうやってキリスト教を普及したのか、ペリー将軍がどうやって日本に外交し入ってきたのか、不思議に思っていましたが、今日の和歌劇で、讃美歌や軍楽を演奏し、日本人の心をつかんだのではないかと思ったとお話し下さいました。
歌枕が「西洋音楽を勉強していたので宗教曲に興味があり、ヨーロッパに旅行した時には教会の礼拝に参加したりしていました。その中で、イタリアの教会の礼拝を尋ねたとき、音楽がとてもシンプルでなぜかと思っていましたが、今回の高山右近を作る中で、昔、教会では聖書の内容を重要視するため、教会での音楽にハーモニーを禁止していたそうです。しかし、日本など外国へ普及に行く時には、音楽にハーモニーをつけたそうです。ハーモニーになるとより豊かになっていくので、その音楽の力で知らない国で普及していったそうです。本当によいポイントのお話をしてくださってありがとうございます。」と、答えておりました。
その他にも、原田さんのお住まいの池田市には、荒木村重の出城があったところで、今また復元され池田市の観光課が多くの方に見に来ていただこうと、頑張っておられるそうです。
まだまだたくさんのご感想をお話しいただきましたが、すべてをご紹介できず残念です。
和歌劇「高山右近」の今日のお話から、どんどんとお話しが広がっていき、また来月の「高山右近」第三部が待ち遠しくなりました。脚本・総監督の菅沼先生のお話によると「高山右近」第三部には、千利休が登場するそうです。

              maki.jpg

作曲の福原真衣子さんのおばあさまのお知り合いで、華道・嵯峨流の槇信子さんが、今日はじめて茶論コンサートにお越しくださいました。
嵯峨流のもとは、平安の初め、嵯峨天皇が大沢池で船遊びの折に、小島に咲く可憐な菊を手折られ、殿上の花瓶に挿されたところからはじまるそうです。
その華道・嵯峨流の催しが、今年の秋10月30日に元嵯峨御所であった京都・大覚寺で行われる予定で、その中でのコンサートのご依頼をいただいきました。
「今日、歌枕さんの和歌劇を聴かせていただき、本当に素晴らしくて、歴史がよくわかり、感動しました。歌枕さんのコンサートなら、秋の催しでも会の皆様にとても喜んでいただけると思います。」と、お話し下さいました。

コンサート後のお食事でも、大変盛り上がり、濃厚な時間となりました。
皆様ありがとうございました。


今日の歌枕オリジナルディナーは、
    ・鯵のマリネ
              111.jpg
   
    ・なすとオクラとしめじの白みそあんかけ蒸し
              112.jpg
   
    ・鶏つくねとにんじん・ごぼうきんぴら添え&伊勢のりおにぎり   
              114.jpg
   
    ・梅しそなす一口にゅうめん
              113.jpg
   
☆今日のお誕生日ケーキ☆
              115.jpg
   
    小澤さん 抹茶シフォンケーキ
    金子さん レモンケーキ~夏みかんマーマレードのせ~





歌枕直美 ニューアルバム
~歌い伝える日本の心の物語~「言の葉」 

   5.jpg   好評発売中!




● COMMENT ●

音楽の力って、

音楽の力って、本当にすごいなあと思います。
言葉もわからない、文化も違う人々にどうやって想いを伝えるのか…音楽は、言葉も超え、ハートにきっと響いたんだろうな~と、感動を覚えます。
♪キリエ レイソン♪ 耳に残りました。高槻の教会での公演も、楽しみです。

妹尾様

いつもありがとうございます。
音楽の力は、理屈じゃなく人の心に響き動かしますよね。
それは、いつの時代も変わることがないと思います。
昨日、歌枕さんは、制作スタッフと和歌劇「高山右近」後編の打ち合わせをされていました。
ひらめかれたとのことで、感動の最終回となるそうです!
お楽しみに!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://utamakurastaff.blog.fc2.com/tb.php/8-4473d0bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NewCD『言の葉』プローモーション «  | BLOG TOP |  » 5/27、6/3「金曜の夜にコンサート」レポート

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (74)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (1)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (39)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (9)
プロデュース (9)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (3)
うたまくら30周年にむけて (16)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示