FC2ブログ
topimage

2020年1月5日茶論「やまとうたコンサート」レポート - 2020.01.06 Mon

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


スタッフの松田です。
昨日、1月5日茶論「やまとうたコンサート」より、2020年の歌枕のコンサート活動がスタート。歌枕直美友の会の重鎮の皆様がお集まりくださる中、平安時代をイメージする衣装で鈴の音とともに歌枕が登場し、厳粛な雰囲気となりました。

昨年の「茶論やまとうたコンサート」では、日本の象徴である“富士”をテーマにしたお話を上演してきましたが、今年のテーマは“万葉集”。1年をかけて万葉集が世に出てくる経緯を紹介していきます。

その1回目は、「和歌の歴史〜古今和歌集序文より〜」
“やまとうた とは、人の心を種として、万の言の葉となったものです。”
との、歌枕の語りからお話がはじまり、古今和歌集序文に綴られた和歌の出で立ちをご紹介し、新年にふさわしいコンサートとなりました。

そして、今月の歌枕が選ぶやまとうた1曲は、大伴家持「いや重け吉事」
“新たしき 年のはじめの 初春の 今日ふる雪の いや重け吉事”
(新年に降り積もる雪の様に、良いことが重なります様に。)
歌枕は「この歌は、家持が世の中の人々の幸せを願う祈りの歌だと、私は思います。」とお話しし、演奏いたしました。

2IMG_0855.jpg


コンサート後、お集まりくださった皆様と新年の記念写真を撮影。

そして、乾杯をし、歌枕お手製メニューでの食事会のはじまり。歌枕流おせち料理をアレンジした“お正月オードブル”が大変好評で、女性陣からは、「この味付けはどうなされているの?」などの質問をいただいたり、「ここではいつも心豊かで、幸せな贅沢な時間をいただいています。」などのお声をいただきました。また、美味しいお料理を頂きながら、今年のコンサートについて、歴史についてと、話は尽きず盛り上がりました。

3IMG_0870.jpg 4IMG_0874.jpg 5IMG_0876.jpg


=本日のメニュー=
・ ブランデー風味の黒豆いただいておりました。
・ お正月オードブル
 (煮なます、ごまめのカナッペ、たたきごぼう、
 くわいのから揚げ、数の子のサワークリーム和え)
・ 名物人参葉の天ぷら
・ 正月ボルシチ
・ 和菓子と抹茶



■来月の「茶論やまとうたコンサート」は、2月2日(日)11時〜
2月新作のお話は「天智天皇」、そして歌枕が選ぶ2月の1曲はお楽しみに!

*お申し込みは、うたまくら(06-6317-3873)または、うたまくらHPより
http://www.utamakura.co.jp/artist/salon.html



「令和元年」ー2019年ーをふりかえり - 2019.12.30 Mon

スタッフの松田です。
年末も押し迫り、皆様ご多忙のことと存じます。
今年は、万葉集をもとに新元号「令和」が決定し、書店にはたくさんの万葉集関連書が並び、各地で万葉集に関わるフォーラムやイベントなどが開催され、『万葉集』が注目される年になりました。

今年の歌枕の活動を振り返ってみますと、2019年後半は、馬見丘陵公園での「第八回おもしろ歴史フェスティバル」や橿原神宮 文華殿での「飛鳥橿原・万葉令和ウィークフォーラム」フィナーレコンサートなど、「歌枕直美 万葉コンサート」にご依頼いただき、また主催コンサートとしては久し振りの浜松公演として、実相寺での「万葉コンサート〜梅の花に寄せて〜」を開催し、お客様とともに“感じる万葉集”の令和元年秋のひとときを過ごすことができました。

20191130実相寺

(画像をクリックすると拡大されます。)


また2017年より毎年新作を発表している、音と映像で表現する歴史物語「歌枕直美の一人舞台〜音絵巻」の2019年は、4月京都・無名舎において『源氏物語〜六条わたり〜』を発表。総監督・脚本の菅沼先生の斬新な視点により、古事記に残る神話、謡曲「野々宮」と構成された脚本と歌枕の音楽で新しい光源氏と六条御息所の物語が誕生しました。お客様より、「源氏物語の奥深さを知りました。」「六条御息所というと、怨念、怨霊というイメージのみを持っていましたが、歌枕さんの表現力で六条の品格と哀しみを感じ涙が出ました。」「前半の生々しい世界と後半の浄化された世界、素晴らしい作品だと思います。」など、大変好評をいただきました。

IMG_3970.jpg

(画像をクリックすると拡大されます)


そして、2020年の新作「音絵巻」は、『うつそうみの人〜細川ガラシャ〜』。4月18日・19日・20日に京都・無名舎、4月25日・26日大阪・さかい利晶の杜にての公演が決定しました。歌枕は、年末の時間もかけて作品の制作中です。公演の詳細は、1月末ごろご案内させていただきます。ぜひお楽しみになさってください。

さて、新年の活動は、1月5日茶論「やまとうたコンサート」より、心新たにスタート致します。2020年の茶論「やまとうたコンサート」では、新元号「令和」のもととなった『万葉集』をテーマに様々なお話をご紹介していきます。まず1月は、「和歌の歴史ー古今和歌集序文よりー」、古今和歌集の序文には、和歌の歴史、万葉集が編纂された出で立ちが紹介されているそうです。また、日本書紀編纂1300年にあたる2020年。日本書紀に詠まれた和歌の曲もご紹介いたします。そして「茶論やまとうたコンサート」では、歌枕が選ぶ「今月のやまとうた1曲」もお届けして行きますので、ぜひご参加くださいませ。

令和元年、皆様のご支援のお陰を持ちまして、大変充実した年となりました。歌枕共々、大変感謝いたしております。寒さ厳しき折り柄、くれぐれもご自愛くださり、良いお年をお迎えください。
また令和2年も、どうぞよろしくお願い致します。

■2020年1月5日 茶論「やまとうたコンサート」*詳細は、うたまくらHPをご参照ください。
*お申し込みは、うたまくらまで(06-6317-3873)新年は、1月3日より営業いたします。



「クリスマス忘年会2019」開催中! - 2019.12.23 Mon

スタッフの松田です。
昨日より、毎年恒例のうたまくら茶論の1年の締めくくり「クリスマス忘年会2019」が、昨夜22日夜からはじまりました。今年も教室の生徒様、楽器関係、友の会の方、会社関係でお世話になっている方など、また年代も、10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代と、幅い広い年齢層の方がお集まりくださいます。そして今年も、歌枕の友人の赤人サンタが、やってきてくれています。

1IMG_0394.jpg 2IMG_0361.jpg

3IMG_0357.jpg 4IMG_0299.jpg


初日の昨夜は、歌枕直美友の会の中心の皆様、そして教室の生徒様を中心にお集まりくださり、ミュージカルの曲からやまとうたまで、皆さんの熱演が続き、2時間に亘る熱気いっぱいのコンサートとなりました。2日目の今日は、11時から開催し、カルチャーセンター“心の歌”の皆さんのコーラスで、冬にふさわしくロシア民謡や、ピアノ演奏でしっとりと大人のクリスマスムードとなりました。

5IMG_0330.jpg 7IMG_0429.jpg

8IMG_0446.jpg 6IMG_0315.jpg


歌枕お手製のクリスマスディナーでは、毎日変わるメニューで、クリスマスオードブル、サラダ、スープ、メイン料理、デザートなど、美味しくお召し上がりいただいています。

9IMG_0411.jpg 10IMG_0417.jpg

11IMG_0489.jpg 12IMG_0485.jpg


さて、「クリスマス忘年会2019」は、明日24日のクリスマスイブ、27日と続きます。
お集りくださる皆様で、毎日雰囲気がかわります。そしてどんな演奏、どんなお料理が登場するのか楽しみです。


■うたまくら茶論「クリスマス忘年会2019」
〜一年の締めくくりは、うたまくら茶論でお過ごしください〜
詳細・お申し込みは...うたまくらHPより



歌枕直美の「記紀・万葉〜やまとうたを歌う会」発足 - 2019.12.16 Mon

12月もいよいよあと2週間あまりとなりました。
今年は、万葉集から元号「令和」が生まれ、新しい時代がはじまりました。歌枕の活動を振り返ってみますと、22年前~音楽で綴る万葉集「みやびうた」を制作発表、その後、万葉集を根幹に古事記、日本書紀の曲を、そして和歌劇、音絵巻などを通して、多くの和歌や詩の曲を制作し、日本の歴史文化、日本人の心を歌枕直美の“やまとうた”の世界として築いてき、その中でたくさんの共感くださり応援して下さる方々との出会いがあり活動を続けてくることができました。そして歌枕は、「やまとうた」を聴くだけでなく、共に歌い体感してほしいと考え、「やまとうた特別セミナー」を継続して行い、またコンサートではお客様も一緒に歌っていただく場を設けたり、また音楽教室の発表会では「やまとうたコーナー」を設け、子供さんから大人の方までに歌っていただくなど行ってきました。その中で、外部での様々な場面で歌い広めて下さる方々が出て来てくださり、今秋、歌枕直美友の会会員 竜門陽子さんを会長とし「記紀・万葉やまとうたを歌う会」が発足いたしました。

1IMG_0084.jpg



■「記紀・万葉やまとうたを歌う会」 竜門陽子さんメッセージ(うたまくらHPにて)



竜門陽子さんは、大阪府在住の歯科医師であり、医師会の行事などで「やまとうた」より、“梅と宴”を歌って下さったり、また一般社団法人大阪府学校歯科医会報誌「府学歯報」の中で、コラム “万葉集 英語に訳して親しもう『みやびうた〜海をこえ、彩る言の葉〜』”を連載され、毎回 歌枕の「やまとうた」を一曲ご紹介くださるなど、広める活動を行って下さっています。

■「府学歯報」コラム “万葉集 英語に訳して親しもう『みやびうた〜海をこえ、彩る言の葉〜』紹介記事

10月27日には、歌枕の考え・音楽に共感して歌ってくださる皆様にご出演頂き、第1回記念「紘美の宴コンサート」を開催。皆様の歌のリレーにより、“感じる万葉集”“言霊を感じるコンサート”となりました。歌枕は、令和2年秋、第2回「紘美の宴コンサート」を開催したいと考えています。ぜひいろんな機会で、「やまとうた」を歌い広めていただけると嬉しいです。



12月8日「茶論やまとうたコンサート」レポート - 2019.12.09 Mon

スタッフの松田です。
今年最後の茶論やまとうたコンサートは、上島名誉会長をはじめとする友の会の皆様がお集まりくださりました。はじめに、歌枕よりこの一年間のお礼と、1月高台寺でのコンサートよりはじまった2019年を共に振り返り、11月の奈良・橿原神宮と浜松・実相寺での「万葉コンサート」でのご感想、また来年へむけてのお話など、充実した時間となりました。

1IMG_0005.jpg


さて、今年の茶論での新作は、日本の象徴である「富士山」をテーマに上演、古代から今に至るまでどの時代においても日本人の語り継いで行きたい山・日本人の心であったことを感じました。最終回12月の新作は『虫麻呂の詠んだ富士』〜万葉集に収められた高橋虫麻呂の富士山にまつわる歌をご紹介しました。ご参加の皆様より、“山部赤人の「富士」の歌が有名ですが、虫麻呂の富士の歌もすばらしくて感動しました。”などのお声をいただきました。また脚本の菅沼先生より、「“日の本の 大和の国の 鎮めともいます神かも”と虫麻呂の歌にあるように、富士山から向こうは別の国で、鎮めるという言葉が防衛する壁、砦ということを示していたと思います。」とのお話がありました。


そして、歌枕が選ぶ〜今月のやまとうた〜は、
先週の公演 浜松・実相寺のある奥浜名湖 引佐細江で詠まれた万葉集に残る和歌「みをつくし」を演奏。

みをつくしCD画像

遠江 引佐細江の みをつくし 吾を頼めて あさましものを


よみ人知らず(万葉集 巻14―3429) 作曲:歌枕 直美

しっとりと情感豊かな演奏に、男性・女性様々な思いを巡らせていらっしゃる様子でした。ご当地である実相寺での公演の際にはアンコールで演奏をし、コンサートの記念にと「みをつくし」シングルCDをお買い求めくださる方々も多くいらっしゃいました。歌枕作曲の名曲です!



2IMG_0093.jpg


コンサートの締めくくりは、今年・令和元年の定番曲「梅と宴」で乾杯!! 宴がはじまりました。
今日の歌枕お手製料理は、関西・東海のお客様より頂いた愛情たっぷり手作り野菜を使って“人参葉の天ぷら ゆずを絞って” “鶏と小芋のシチュー” “うたまくらアップルスイートポテト”などを、美味しくいただきました。

3IMG_0105.jpg 4IMG_0108.jpg 5IMG_0111.jpg



そして最後に、来年の茶論コンサートでの新作構想について、歌枕が菅沼先生にお伺いし「まず新年1月5日には、古今和歌集の序文を紹介したいと思っています。その中に、日本の和歌について、万葉集の編纂についても書かれいます。来年は1年をかけて万葉集の成り立ちについて紐解いていきたいと考えています。」と、お話いただきました。

令和2年 新年の「茶論やまとうたコンサート」は、1月5日11時〜開催。皆様とともに、新しい年をスタートしたいと思います。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

utamakurastaff

Author:utamakurastaff
アーティスト歌枕直美のライブを中心とした様々な音楽活動を、コンサートスタッフがレポートいたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

ライブレポート (81)
茶論「みやびうたコンサート」レポート (17)
茶論コンサートレポート (182)
活動レポート (68)
CD『言の葉』 (5)
歌枕直美音楽教室 (15)
未分類 (20)
茶論「やまとうたコンサート」 (69)
お客様メッセージ (2)
海外公演 (32)
時代を語るピアノの響き (9)
記紀・万葉「やまとうた」と和歌劇 (33)
案内 (0)
コンサート情報 (11)
コンサート案内 (34)
うたまくら茶論 (5)
活動情報 (8)
プロデュース (8)
茶論歌枕オリジナル料理 (5)
歌枕直美のやまとうたを歌う会 (1)

最新コメント

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示